報道発表資料 災害現場でドローンを活用 ドローンの貸与に関する覚書の締結について

ページ番号1026541  報道発表日 2018年9月5日 印刷

豊田市では、株式会社プロドローンと協力して「消防用ドローン」の開発を進めるにあたり、ドローンの貸与に関する覚書を締結します。民間事業者から機体の貸与を受け、消防活動で使用し、機体の改良を進めることは全国初の取組です。

覚書締結式

日時:平成30年9月10日(月曜日)午後3時~3時30分
場所:豊田市消防本部 3階 第1会議室
出席者

  • 豊田市 太田 稔彦 市長
  • 株式会社プロドローン 河野 雅一 社長 

※覚書の締結後に、消防本部ヘリポートにてドローンのテスト飛行を行います。

豊田市の主な役割

  • 機体の無償貸与を受け、消防活動で使用
  • 消防活動に基づく、改良に必要な情報の提供

<参考1>株式会社プロドローン

平成27年11月27日に、豊田市は同社らと「豊田市ミライ・チャレンジ都市パートナーシップ協定」を締結しました。同協定では、産業用ドローンの開発と活用により超高齢化社会の到来や人材不足などの社会課題の解決に寄与するとともに、新たなビジネスの創造による地域経済活性化を目指しています。

<参考2>貸与ドローンの特徴

  • アーム伸縮により消防車両への積載が可能
  • 機体(カメラを含む)の完全防水機能
  • 救助活動時等の資機材の運搬・投下機能
  • GPS機能を有する自立飛行機能
貸与
貸与ドローン

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 警防救急課
業務内容:消防活動の対策と研究、消防水利施設の設置などに関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9701 ファクス番号:0565-35-9709
お問合せは専用フォームをご利用ください。