麻しん(はしか)の予防接種を促進 豊田市麻しん対策事業の対象者を拡大します

ページ番号1026453  報道発表日 2018年8月24日 印刷

本年3月以降、沖縄県で麻しん(はしか)の患者が99人報告され、愛知県内でも4月以降、25人の患者が報告されました。いずれも終息はしたものの来年度以降、本市において国際的なイベントの開催も予定されていることから、平成27年度から実施している「豊田市麻しん対策事業」の内容を以下のとおり変更し、市民へ麻しん(はしか)の予防接種を呼び掛けます。

実施日

平成30年9月1日(土曜日)から

対象者

接種時点で、豊田市に住民登録があり、以下の(1)及び(2)に該当する者

現行

拡大後

(1) 1歳以上50歳未満の者

(ただし、予防接種法に基づく定期予防接種対象者を除く)

(2) 麻しんの既往歴がなく、過去に麻しんの予防接種歴がない者

(1) 1歳以上の者

(ただし、予防接種法に基づく定期予防接種対象者を除く)

(2) 麻しんの既往歴がなく、過去に麻しんの予防接種歴がない者、又は、1回接種した者

助成金額

現行

拡大後

・麻しん風しん混合ワクチン 5,000円

・麻しんワクチン      3,000円

 

・抗体検査         2,650円

・麻しん風しん混合ワクチン 5,000円

・麻しんワクチン      3,000円

費用助成の利用方法

  1. 豊田市と契約している医療機関へ予約する。
    ※契約医療機関の一覧は、9月1日(土曜日)までに市ホームページに掲載します。
  2. 医療機関にある「豊田市麻しん対策事業費用助成申請書」に必要事項を記載する。
  3. 原則、接種前に抗体検査を受け、接種の必要性を確認したうえで、ワクチンを接種する。
  4. 抗体検査及び予防接種後、医療機関が設定した金額から市の助成額を差し引いた金額(医療機関により異なります)を支払う。
    ※女性は予め約1か月間避妊した後に予防接種を受け、接種してからも約2か月間は避妊してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。