マレーシア・サバ州農村開発公社の理事長らが市長を訪問します

ページ番号1025599  報道発表日 2018年7月13日 印刷

公益財団法人オイスカの農業研修と日本の農業の視察を目的に豊田市を訪れる、マレーシア・サバ州の農村開発公社の理事長、副理事長、研修センター所長代行の3人が、視察概要等を報告するため、市長を訪問します。 

とき                                                           

平成30年7月19日(木曜日) 午後4時30分~5時   

ところ                                                           

市長室(豊田市役所 南庁舎5階)                                                             

訪問者     

カリミン サハディ(サバ州農村開発公社 理事長)
ライナル ラスミン(サバ州農村開発公社 副理事長)
シャリフ ビオク(サバ州農村開発公社/オイスカ研修センター 所長代行)                 

その他 

マレーシア サバ州とは

マレーシア13州のうちの一つ。東マレーシア(ボルネオ島)の北東に位置しています。面積は、約76,000平方キロメートルあり、北海道よりやや小さく、人口は、約320万人です。

サバ州農村開発公社とは                                                          

1976年に設立されたマレーシアのサバ州政府農業食品産業省の機関です。サバ州における農村の開発、農産物販売促進、農業教育を行っています。公益財団法人オイスカは、同公社と共同でサバ州にて研修センターを運営しており、毎年50人程度の青年の農業研修を行っています。研修生のうち、選抜された者が、日本のオイスカ研修センターへの研修機会を与えられます。                                                          
                                                           
                                 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 国際まちづくり推進課
業務内容:国際化施策の調査・研究及び推進、国際都市提携、国際親善、国際交流に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6963 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。