報道発表資料 学校給食における異物混入について

ページ番号1025517  報道発表日 2018年7月3日 印刷

豊田市立小中学校で提供しているパンに金属線が混入したため、契約業者に対し、一部のパンの提供を中止するとともに、調査及び再発防止を行うよう指示しました。

異物混入事案

  1. 平成30年6月18日(月曜日)大林小学校4年生の児童1名がスライスパンにハンバーグを挟んだ状態で長さ17mm程度、太さ0.32mm程度の金属線を発見
  2. 平成30年7月2日(月曜日)猿投中学校1年生の生徒1名が米粉パンを食べたところ、長さ17mm程度、太さ(調査中)の金属線を発見

※該当児童・生徒のいずれも、健康被害はありません。

契約業者

公益財団法人 愛知県学校給食会 所在地:豊明市阿野町惣作87番地
理事長 西川 洋二 (以下、「県給」という。)

物資の提供対象

豊田市立小中学校及び特別支援学校 104校
豊田市内のこども園・幼稚園   98園

大林小学校の異物混入事案の対応

  • 6月19日(火曜日)市から県給に製造工程の安全確認を指示するとともに、金属線の同定検査を実施
  • 6月25日(月曜日)市が同定検査の結果を受理。県給に製造工程の再確認を指示。
  • 7月2日(月曜日)県給から異物特定ができなかった旨、報告を受けた。

猿投中学校の異物混入事案の対応

  • 7月2日(月曜日)県給、市職員の立会いの下、製造業者の製造工程を目視確認したが、同じ金属線の使用箇所を発見することができなかった。
  • 県給に対し、金属線の同定検査、原因究明及び再発防止対策を行うよう指示した。

使用中止に伴う対応

当面の間、異物混入があったパンと同種のパンの使用を中止し、代替品としてごはんを提供する。保護者には学校を通じて通知する。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育部 保健給食課
業務内容:児童・生徒の健康管理、学校環境衛生、学校給食、給食センター運営などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6663 ファクス番号:0565-34-6824
お問合せは専用フォームをご利用ください。