報道発表資料 木曽馬(きそうま)の赤ちゃんが生まれました

ページ番号1024509  報道発表日 2018年5月2日 印刷

鞍ケ池公園動物園では、日本古来の馬である木曽馬を3頭飼育しています。
4月23日(月曜日)に木曽馬の赤ちゃん(雌)が生まれ、4頭となりました。木曽馬の赤ちゃんの誕生は、平成24年に「鈴春」が産まれて以来6年ぶりとなります。
現在、赤ちゃんは母親の「藤富」とともに集牧場(動物ふれあい広場南側)で見学できます。

<参考>

  • 赤ちゃん以外に鞍ケ池公園で飼育している木曽馬:藤富、鈴春、高美
  • 木曽馬調査報告(木曽馬保存会)によると木曽馬は、平成29年1月末時点で全国に142頭(飼育者と連絡が取れ、登録されている木曽馬の数)が確認されています。

藤富と赤ちゃん1

藤富と赤ちゃん2

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

鞍ケ池公園
〒471-0002
愛知県豊田市矢並町法沢714-5(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-80-5310 ファクス番号:0565-88-7669