2017年5月11日(木曜日)市長記者会見

ページ番号1019131  更新日 2018年10月15日 印刷

1.時間
午後1時30分~1時50分
2.場所
南52会議室
3.内容
  • 平成29年4月1日の待機児童数ゼロについて
  • 「不良な生活環境を解消するための条例」施行後の状況について
  • テレビアニメのプロデューサー諏訪道彦氏の「WE LOVE とよたスペシャル サポーター」任命について

配布資料

市長説明(要旨)

みなさんこんにちは。定刻までにお集まりいただきましてありがとうございます。
まずは冒頭のあいさつですけれども、昨日京都の迎賓館でラグビーワールドカップ2019の予選プール組分け抽選会が開催されました。私も全国12の開催都市の一つとして出席してまいりました。昨日のプール分けを経て、今年の秋には、具体的な対戦カードそして試合の会場が公表されてまいります。徐々に2019年に向けて具体的な情報が出てまいりますので、それに伴って市民の皆さんの盛り上がりも期待できると思っております。またいろいろなタイミングをとらえて情報提供させていただきますので、よろしくお願いします。
いよいよこうして2019年が近づいてきているわけですが、合わせて2020年の東京オリンピック・パラリンピックにつきましても、豊田市ゆかりのアスリートが多く出場される見通しでございます。ただ、ともすると、活躍される選手の皆さんの結果待ちのようなところがあるのですが、一歩踏み込んで、むしろ事前にそのアスリートの皆さんに接触をして、市民の皆さんにその活躍ぶりをお伝えするというような取組ができないかということも考えております。そうすることによって、豊田市ゆかりの選手でどんな選手がお見えになるのかを市民の皆さんがわかる、それに伴って2020年に向けて、あるいは、2019年のラグビーワールドカップもそうですが、2019年2020年に向けて市民の皆さんといっしょにそのアスリートの皆さんを応援していくと、で本番を迎えるという、そんな流れを作っていきたいと思っております。また具体的な動きがありましたら情報提供させていただきますのでよろしくお願いします。

では、予定していました案件に入らせていただきます。
まず、待機児童数の関係です。ご案内のとおり、豊田市の場合、平成26年度から3年連続で待機児童数ゼロを達成しておりますが、今回、平成29年4月1日時点の待機児童数もゼロを達成することができました。これで4年連続ということになります。具体的な中身を見てみますと、この報道発表資料の中で「Aの申込児童数」7,099人のうち、「Hの保護者の私的な理由」で入園を見送った136人を除く6,963人に対して、BからGに掲げる保育を提供することができたということです。豊田市を取り巻く就園状況につきましては、資料裏面の【参考2】をご覧いただきたいのですが、0から2歳児の園児数及び就園率が年々増加している状況にございます。この対策としまして、【参考3】にありますように、平成28年度は「私立幼稚園の幼保連係型認定こども園への移行」を4園で進めるとともに、「事業所内保育事業所の新設」に取り組んできたことで、0から2歳児の受入枠を拡大し、待機児童数ゼロにつなげることができたということでございます。今後も【参考4】にありますように、公立幼稚園の保育所への移行、私立保育所の園舎改築、分園新築などにより、0から2歳児の受入枠を拡大し、引き続き待機児童数ゼロを目指してまいりたいと思っております。

続いて、「不良な生活環境を解消するための条例」施行後の状況についてでございます。平成27年度に起きました「保見ケ丘のごみ屋敷問題」を契機として、「不良な生活環境を解消するための条例」を平成28年4月に愛知県内で初めて施行したところでございます。条例施行後1年が経過しますので、このあたりで、この1年間を総括してみようと思ってまとめたものが今日の報告内容になっています。平成28年度の対応件数は、資料にもあるとおり、122件の事案がございました。内容としましては、「物の堆積」、「動物の多数飼育」、「樹木や雑草の繁茂」など多岐に渡っておりますけれども、この122件のうち58件、割合にして48%について解決することができました。解決に至った手段につきましては、福祉的な支援や関係機関の声かけなどにより、原因者が自ら対応したケースもあれば、地域や関係機関が代わって対応していただいたケースもあるといった状況にございます。いずれにしましても、行政だけではここまでの解決は実現できなかったということを痛感しております。ご協力をいただいた関係者のみなさまに改めて感謝を申し上げたいと思います。一方で、対応中の事案が64件ございます。これらの原因者の多くが、高齢者の一人暮らし、健康上の問題、地域からの孤立といった様々な課題を抱えていますので、解決に向けては、日頃の見守りや声掛けといった福祉的な支援が極めて重要だと思っております。引き続き、地域や関係機関のご協力をいただきながら、早期解決に努めてまいります。あわせて、不良な生活環境を解消するためには、未然防止も重要でございます。未然防止に向けた市役所関係課の連携や、支援体制の強化を図ることで、市民のみなさんの安全で快適な生活環境の確保を目指してまいりたいと思います。

続いて、テレビアニメのプロデューサー諏訪道彦氏の「WE LOVE とよたスペシャルサポーター」任命についてでございます。諏訪道彦さんという方は豊田市出身で「名探偵コナン」を始めとしたアニメのプロデューサーとして活躍されている方でございます。プロフィールについては資料に書かせていただいた内容でございます。5月20日に「とよたエコフルタウンオープン5周年記念イベント」を予定しておりますが、その中でこの諏訪さんを「WE LOVE とよた スペシャルサポーター」に任命したいと思っております。この「WE LOVE とよたスペシャルサポーター」につきましては、これまでもタレントの福田彩乃さん、リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト羽根田卓也さんにお願いをしております。諏訪さんで3人目になります。このスペシャルサポーターは全国、世界に豊田市を発信していただくことを狙いとしております。一方で、「WE LOVE とよたサポーターズ」というものもあるのですが、このスペシャルがつかないものは、もっぱら豊田市内で豊田市の魅力を発信いただこうというもので、これまで、Star☆T、笑劇派、うたれん、外国人市民会議、こういった方たちを任命させていただいております。任命式の5月20日ですが、先ほども申し上げましたが、とよたエコフルタウンで開催されます「とよたエコフルタウンオープン5周年記念イベント」のセレモニーの中で任命式を行ってまいります。なお、任命式後には、5周年記念イベントの一環として、諏訪さんのトークショーも開催されますので、また取材していただけたらと思います。

私からは以上です。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

豊田市役所
〒471-8501 豊田市西町3丁目60番地
電話番号:0565-31-1212 ファクス番号:0565-33-2221