2016年11月25日(金曜日)市長記者会見

ページ番号1016764  更新日 2016年11月26日 印刷

1.時間
午前11時~午前11時15分
2.場所
南52会議室
3.内容
  • 平成29年度からの組織体制について
  • 空き家活用ガイドブックの発行について

配布資料

市長説明(要旨)

おはようございます。お忙しいところお集まりいただきありがとうございます。本日の説明に入る前に一点、既に11月1日に報道発表させていただいた案件ですが、「ユニバーサル市役所とよた」という名前のガイドラインを策定しました。これは市役所内の各種事務事業において障がい者等への配慮の視点を順次取り入れる取組です。その中に「情報におけるバリアフリーの配慮」を掲げており、報道機関配布資料についても本日の資料からその視点を取り入れています。文字サイズや字体の統一、分かりやすい表現などに努めていきますので、そういった視点でもご覧いただき、何かありましたらご指摘いただけるとありがたいです。

では用意した案件の一点目、平成29年度からの組織体制についてです。これは12月市議会定例会の議案として上程しており、平成29年度から市役所の組織体制を一部変更するものです。その経緯ですが、現在「第8次総合計画」の策定作業を進めており、その中で「超高齢社会への適応」「産業の強靭化」「暮らしてよし・訪れてよしの魅力創出」の三点を重点施策として位置付けています。
まず、一つ目の重点施策である「超高齢社会への適応」を推進するために、組織的な対応として「次代を創る健康で活力ある生涯活躍の仕組みの構築」としまして、生涯活躍できる仕組みをつくるため、新たに「生涯活躍部」を設置し、生涯学習のほか、スポーツや文化といった分野の仕事と連携をとりながら、それらの事業を一体的に推進していきます。また、「安全な暮らしを支える地域包括支援の仕組みの構築」としまして、いわゆる地域で支え合うための仕組みである「地域包括ケアシステム」を推進するため、現在の市民福祉部を見直し、福祉に特化した「福祉部」を組織します。さらに「多世代共生のまちを実現するための都市機能・住環境の形成」としまして、定住に関する事業を一体的に推進するため、都市整備部内に新たに(仮称)定住促進課を置きます。
二つ目の重点施策である「産業の強靭化」につきましては、組織上は大きく変えず、現状の産業部を中心として施策、事業を進めていきます。
最後の重点施策「暮らしてよし・訪れてよしの魅力創出」につきましては、三点について取組を進めていきます。一点目は「豊田ならではの暮らしの豊かさを生かした定住の促進」で、これについては先にも述べましたとおり、(仮称)定住促進課を設置し、定住対策を進めていきます。二点目の「世界に発信するまちぐるみの観光・交流の取組の推進」につきましては、2019年の「ラグビーワールドカップ」や2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどを想定しながら、現在の経営戦略室を経営戦略部に改め、(仮称)経営戦略課と(仮称)ラグビーワールドカップ推進課を新たに設置し取組を推進していきます。三点目の「まちの魅力の共有と発信」につきましては、企画政策部内に(仮称)ミライ・チャレンジ都市推進課を設置し、AIやIoTなど、新技術を活かした新たな事業の発掘や魅力発信に関する事業を推進していきます。
以上が主な変更点ですが、資料に記載の課名や所掌する事務については、今後変更する場合がありますのでご了承ください。

続いて二点目の案件ですが、「空き家にあかりを!プロジェクト」を進めていくうえで、新たに「家主さんのための空き家活用ガイドブック」を本日発行させていただいた件です。実は山村部への移住希望者数は多いのに対して、空き家の登録数が圧倒的に不足しているという状況にあります。本日資料として配布したガイドブックの内容ですが、空き家情報バンクの制度概要や利用実績、実際に空き家を貸した家主さんの声などを紹介した内容になっています。本日25日から地域支援課や各支所などにおいて無料で配布します。これまでにも移住者受入れに関する冊子は発行してきましたが、移住希望者向け、移住者受入れ地域向けが主で、今回の空き家所有者向けの冊子が発行されることで、一通り出揃うことになります。
また、空き家の物件登録に際しては、家財道具等の片づけが課題のひとつであることを踏まえ、足助支所が所管する地域予算提案事業を活用した社会実験、題して「空き家片づけ大作戦」を実施します。12月11日(日曜日)に、地域住民の方たちやボランティア、足助支所及びおいでん・さんそんセンター職員の約20名が、足助地区の明川(あすがわ)町の空き家において、家財道具等の片づけを行います。こういった取組を通じ、空き家登録につなげていきたいと考えています。地域で家主さんをサポートし、家主さんに登録を促すといったモデルとなることを期待しています。

私からは以上です。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

豊田市役所
〒471-8501 豊田市西町3丁目60番地
電話番号:0565-31-1212 ファクス番号:0565-33-2221