誰もが「安全」に「快適」に移動できるまちを目指して

ページ番号1033049  更新日 2019年9月1日 印刷

公共交通をかしこく使って、快適な移動を!

豊田市の公共交通 人口カバー率8割超!

豊田市内には、名古屋鉄道、愛知環状鉄道、リニモの3社が4路線の鉄道を運行、26駅を有し、1日7万人以上が利用する通勤通学の大動脈となっています。
また、バス路線は市中心部から放射線状にとよたおいでんバスと名鉄バスが運行、各地域にはコミュニティ内を運行する地域バスが整備されており、公共交通の人口カバー率は8割を超えています。
市民の皆さんが使える公共交通となるよう利便性の向上に努めています。

バス情報はここでゲット!

移動支援ポータルサイト「みちナビとよた」

時刻表や運賃・路線図などが確認できます。

バスガイドブック

市役所や各支所、交流館、レストえきまえなどで配布しています。

「環境定期」制度を知っていますか?

おいでんバスIC乗車定期券か名鉄バスIC乗車定期券を休日ダイヤ運行時に券面区間外で利用した場合、乗車区間に関わらず1乗車100円で利用できます。また、おいでんバスと名鉄バス路線(一部対象外)の相互利用ができます。

公共交通での利用にはICカードが便利!

今年3月、愛知環状鉄道に交通系ICカードが導入され、市内の鉄道、基幹バス(おいでんバス・名鉄バス)全てでICカードが利用可能になりました。ICカード1枚で市内を楽に移動できます。

イラスト 4コマ漫画

NEW 市内を運行するバスの1日乗車券を販売しています

9月~10月の土曜日・日曜日と祝日に利用できるバスの1日乗車券「とよた1DAYパス」、1日乗車券とお食事券がセットになったお得な「ENJOYとよたパス」(モバイルチケット限定)を販売しています。

(備考)「とよた1DAYパス」は、紙券もあります
販売場所:コンテナーニシマチ6、どんぐり工房

QRコード
モバイルチケットの購入はQRコードをご覧ください

高齢者も安全で快適な移動を!

公共交通の利便性を向上し、高齢者にも利用しやすい環境づくりを目指します。また、公共交通だけでなく、自動車においても高齢者の交通安全対策を進めます。

対策1 高齢者が車に乗らなくてもよい環境づくりを進めます

1 高齢者に適した移動手段の導入や普及を進めます

(1)地域タクシー
バスの代わりにタクシーを活用できる地域では、自宅から目的地まで移動ができる「地域タクシー」の導入を進めます。
(2)たすけあいカー
地域住民とボランティアドライバーの移動をマッチングさせ、自家用車で相乗りして移動する「たすけあいカー」の普及を進めます。
(3)オンデマンドバス
電話予約式の地域バスでは、電話予約に加えスマートフォンから簡単・便利に予約できる仕組みの導入と利用の拡大を進めます。

2 高齢者向けに公共交通の利用環境を改善します

(1)高齢者を対象としたとよたおいでんバスや地域バスの割引制度の導入を検討します。
(2)介護認定があるひとり暮らし高齢者などを対象としたタクシー助成の世帯要件の拡大などを検討します。(高齢福祉課、電話番号:0565-34-6984)

対策2 高齢者が安全に車を運転できる環境づくりを進めます

1 後付け安全装置の補助制度を創設します

自動車の発進時などにおいて、ブレーキとアクセルを踏み間違えた場合に、急発進防止、加速抑制などを行う「後付け安全装置」の普及のため、補助制度の創設を検討します。(交通安全防犯課、電話番号:0565-34-6633)

(備考)イメージ図は、バンパーにセンサーを取り付け、前後の障害物を検知して加速を抑制するものです

後付け安全装置のイメージ図
(備考)イメージ図

2 超小型電気自動車の購入補助制度を拡大します

低速で走行する超小型電気自動車を山村地域などでの高齢者の移動手段として普及するため、現在の補助制度の拡大を検討します。(環境政策課、電話番号:0565-34-6650)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

都市整備部 交通政策課
業務内容:総合交通施策の推進・調査研究、公共交通などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6603 ファクス番号:0565-33-2433
お問合せは専用フォームをご利用ください。