川の危険から身を守ろう!

ページ番号1039133  更新日 2020年8月1日 印刷

毎年、夏場に発生する河川での水難事故により、多くの命が失われています。昨年度市内では、9件の水難事故が発生し、5人の命が失われました。水難事故を防ぐため、以下の3つのポイントを守りましょう。

水難事故にあわないための3つのポイント

POINT(1) 事前の確認と準備

転落のおそれがある場所や、水温の変化や水流の勢いの激しい場所、深みのある場所など危険と思われる場所を事前に調べておきましょう(参考ホームページ「国土交通省 川のお助けガイド」)。
事前に天候をチェックした上で、川で遊ぶ際の注意事項を確認し、危ない場所に近づくことはやめましょう。

POINT(2) 体調管理は万全に

飲酒後や体調が悪いときは、川に近づくことはやめましょう。

POINT(3) 早めの状況判断

風雨、落雷などの急な天候不良や、上流で雨が降っているなど、川の増水のおそれがあるときは、川に近づくことはやめましょう。

DATA 河川での水難事故件数(市内)

  水難事故件数 死者数
平成27年 9件 1人
平成28年 8件 6人
平成29年 6件 3人
平成30年 7件 3人
令和元年 9件 5人

保護者の皆さんは子どもから目を離さないでください!

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

都市整備部 公園緑地つかう課
業務内容:公園・広場・緑地・墓地の管理、花のあるまちづくりの推進などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6621 ファクス番号:0565-34-4500
お問合せは専用フォームをご利用ください。