「豊田市の水素で走る燃料電池バス」の愛称が決まりました

ページ番号1015181  更新日 2016年8月1日 印刷

全国で唯一、路線バスとして実証運行している『豊田市の水素で走る燃料電池バス』について愛称を募集し、多数の応募をいただきました。選考の結果、下記のとおり愛称を決定しましたのでお知らせいたします。

1 愛称

「ミラノス」

2 意味

この名前は「未来のバス」を短縮したもので「ミラノス」の「ス」にはバスのほかに水素の「す」、すごい、ステキ、素晴らしいという思いが込められています。

3 採用された応募者

  • 大嶽 直人(おおたけ なおと)さん 平戸橋町在住 32歳
    (備考)年齢は平成28年8月1日現在

4 応募状況

(1)募集期間 平成28年5月12日(木曜日)から平成28年6月17日(金曜日)
(2)応募総数 404件
(3)審査方法 委員3名からなる選考委員会を組織し、委員による個別審査と選定委員会における協議により優秀作品を選定

5 選考理由

本愛称は、水素を燃料として走る自動車という先進的なイメージと調和し、また呼びやすく覚えやすい言葉であり、多くの市民に親しまれ、愛されることが期待できる。

6 その他

その他の応募作品は以下のものがありました。

『H2ライナー』
『とよたすい水バス』

写真 燃料電池バス
豊田市の水素で走る燃料電池バス
『ミラノス』

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

都市整備部 交通政策課
業務内容:総合交通施策の推進・調査研究、公共交通などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6603 ファクス番号:0565-33-2433
お問合せは専用フォームをご利用ください。