もらう年金を増やす制度をご存知ですか?

ページ番号1039134  更新日 2020年8月1日 印刷

もらう年金を増やす様々な制度を紹介します。

高齢任意加入

年金加入期間が短く、年金を受け取るために必要な受給資格を満たしていない場合や、過去に保険料の納め忘れなどがあり年金を満額受け取れない場合は、60歳~65歳になるまでの間に加入することで、もらう年金を満額に近づけることができます。
対象/日本国内に住所がある60歳以上65歳未満

特例高齢任意加入

65歳までに年金受給資格を満たさない場合、70歳になるまで加入することで、年金を受給できるようになります。
対象/年金受給資格がない65歳以上70歳未満

在外任意加入

国外に住所を移した人は年金制度への加入義務はありません。海外に居住している期間、申し出た月から任意で加入し、保険料を納めることで、65歳から受け取る老齢基礎年金の受給額を増やすことができます。
対象/海外に住所を移した20歳以上65歳未満の日本人 (備考)海外勤務で厚生年金に加入している人とその扶養配偶者、老齢基礎年金を繰上げ受給している人は対象外

  • 申請場所
    国保年金課、豊田年金事務所
    (備考)在外任意加入の手続きは国内に居住する協力者でも可
  • 持ち物
    マイナンバーのわかるものか年金手帳、来庁者の本人確認ができるもの、印鑑
    (備考)高齢任意・特例高齢任意の場合は預貯金通帳、通帳届出印、戸籍謄本(必要に応じて)、共済組合の加入期間証明書(共済組合に加入していた場合)
  • 問合せ
    国保年金課

受け取る年金額が増える「付加年金」制度

国民年金保険料に付加保険料(月400円)を上乗せして納めると、将来、付加年金が加算された老齢基礎年金を受給できます。(備考)付加保険料の納付は申込み月から開始。国民年金基金加入者、第2号、第3号被保険者の人は申込み不可

申請場所

国保年金課、各支所・出張所、豊田年金事務所

問合せ

国保年金課

過去に免除された分を納付する「追納」制度

免除・納付猶予・学生納付特例が認められた期間について、認定期間から10年以内に「追納」をすることにより、将来もらう年金を増やすことができます。

申請場所

豊田年金事務所

問合せ

豊田年金事務所(電話番号:0565-33-1123)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

市民部 国保年金課
業務内容:国民健康保険・国民年金に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
国民健康保険に関すること 電話番号:0565-34-6637
国民年金に関すること 電話番号:0565-34-6638 ファクス番号:0565-34-6007
お問合せは専用フォームをご利用ください。