新型コロナウイルス感染拡大防止のための就労開始日の延期について

ページ番号1037702  更新日 2020年4月17日 印刷

新型コロナウイルスの感染拡大のために、予定していた就労開始日を変更し令和3年3月31日(水曜日)までに就労開始をする場合、退園とはしません。

新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、就労開始日を延期する場合、以下のとおりとします。

1 概要

就労予定としていたが新型コロナウイルスの影響により、雇用先から就労開始の延期を要請されている場合に限り、登園開始日を遅らせる事ができます。令和3年3月31日(水曜日)までに就労を開始する場合、退園としません。

2 手続

(1)就労証明書の提出

就労証明書の備考欄に、雇用先から就労開始を要請する旨を記入した就労証明書又はその旨がわかる書面(事業所の押印が必要)
(例)「4月1日就労予定としていたが、新型コロナウイルスの影響により6月1日就労予定とする。」の文言を就労証明書備考欄に記入。

提出期限

枠が確保できた月の最終開庁日(例:5月途中入園枠確保者は令和2年5月29日(金曜日))
(備考)ただし4月当初入園で入園が決定している方は、5月12日(火曜日)

(2)減免申請書の提出

原則、豊田市こども園等保育料等減免要綱第5条第4項に基づき、月の初日から末日まで登園しなかった場合は無料とします。申請初月は「こども園等に係る保育料等減免申請書」を提出し、翌月以降も継続する場合は「こども園等保育料減免状況継続申出書」を提出してください。

(備考)4、5月分については実績に基づき日割り計算を行うため減免申請書の提出は不要です。6月以降、育児休業延長に伴い登園を自粛する場合、減免申請書を提出してください。
(備考)登園自粛要請の期間を延長する場合は、改めてお知らせいたします。

提出期限

毎月10日(土曜日・日曜日、祝日が重なる場合は直前の開庁日)
(備考)10日以降の提出となる場合は、一度保育料を徴収し後日(1~2か月後)に還付とな ります。幼保連携型認定こども園・小規模保育事業所・事業所内保育事業所は、各園等が徴収をしますので、直接園等へお問合せください。

3 提出書類

4 提出方法

園に持参又は保育課へ郵送
(郵送先)
〒471-8501 豊田市西町3丁目60番地 保育課 保育担当

5 注意事項

  • 登園自粛要請期間を除き、原則、その月に1日でも登園をする場合は、日割り計算はできません。慣らし保育開始日から保育料は発生します。
    (例)7月1日(水曜日)から就労開始をする場合、慣らし保育は6月24日(水曜日)から利用できますが、6月は1か月分保育料が発生します。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

子ども部 保育課
業務内容:こども園に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6809 ファクス番号:0565-32-2088
お問合せは専用フォームをご利用ください。