こころの健康づくり 眠れないのはどうして?

ページ番号1003061  更新日 2019年4月2日 印刷

2週間以上の不眠は「うつ」のサインかもしれません!
眠れない日が続いてつらい時はお医者さんに相談しましょう!

イラスト

うつ病は精神的な病気と解釈されがちですが、様々な身体的症状が現れる心と身体の病気です。気力や頑張りでうつ病を克服することは困難なため、身体の不調と同じように考え、何もしないで休むことが大切です。

眠れない日が続く場合は、お医者さんに相談しましょう。

最近、こんなことはありませんか?

  • 疲れているのに2週間以上眠れない日が続いている
  • 食欲がなく、体重が減っている
  • だるくて意欲がわかない

あなたの周りにこんな方はいませんか?

職場で

  • 集中力がなくなり、仕事の能率が落ちた
  • 表情が暗く、ぼーっとするようになった

家庭で

  • 「だるい」と言うことが増え、食欲がなくなった
  • 眠れないようで、夜中にたびたび目を覚ます
  • 新聞やテレビに関心がなくなった

もしかしたら…「うつ」の可能性があります!

  • 「うつ」になると、眠れない日が毎日続き、全身がだるくて食欲もなくなるなど体調がどんどん悪くなります。
  • 睡眠と食欲という生きていく基本がむしばまれるので、気力や頑張りで「うつ」を克服するのは困難です。
  • 自分や周囲の人の「うつ」のサインに気づいた場合は、早めにお医者さんに相談し、治療を受けることをお勧めします。

こころの健康をチェックしてみましょう!

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」内の「学ぶ・実践する」より、各チェックツールをご参照いただけます。

お医者さんや相談機関にご相談ください
「うつ」は薬での治療効果が期待できます

  • 「うつ」は自分では気づきにくいものです。ご家族などの身近な方が一緒に相談機関を訪ねたり、受診したりすることが大切です。
  • もし、本人が躊躇するのであれば、まずはご家族だけでも相談に行ってみましょう。

相談窓口

睡眠障害はうつ病の症状であり原因でもあります

睡眠障害とうつ病は密接な関係にあり、不眠になるとうつ病のリスクが高くなります。一方、何らかの原因でうつ病になると、その症状として不眠があらわれます。
したがって、質の良い睡眠をとることができるよう心がけましょう。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 総務課
業務内容:健康づくり、健(検)診(成人向け)、食育・栄養、歯科保健、医事・薬事などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6723 ファクス番号:0565-31-6320
お問合せは専用フォームをご利用ください。