住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

ページ番号1047456  更新日 2022年6月14日 印刷

住民税非課税世帯等への臨時特別給付金についてのご案内です。

新型コロナウイルス感染症が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるように、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金支給を行います。

令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

国の「コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」」において、家計急変により受給資格があるにもかかわらず、申請がないことにより受給できていない世帯に対して、令和4年度課税情報を活用したプッシュ型給付(豊田市から確認書を送付)を行う形での運用改善を図ることとされました。

  1. 令和4年度分の住民税均等割が非課税の世帯(未受給世帯のみ)
    確認書の送付時期等については、詳細が決まり次第随時お知らせいたしますのでお待ちください。
  2. 令和4年1月以降の家計急変世帯
    令和4年1月以降の任意の1か月の収入により判定することとなります。

(備考)1、2ともに、世帯全員が、住民税が課税されている他の親族の扶養等を受けている場合は対象外となります。
(備考)1、2ともに、 令和3年度分住民税非課税世帯もしくは既に家計急変世帯として、他自治体からの給付も含め、本給付金を受給した世帯に、再度支給されるものではありません。

令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

支給の対象となる世帯

1.住民税非課税世帯

令和3年12月10日(基準日)時点で豊田市に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯
ただし、世帯員の全員が、住民税が課税されている者に扶養されている者(地方税法の規定による青色事業専従者及び事業専従者を含む)からなる世帯ではないこと

(備考)

  • 例えば、親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている親の世帯(非課税)、別住所にて単身赴任している夫(課税)に扶養されている妻と子のみの世帯(非課税)などは支給対象外となります。
  • 令和3年4月から就職した新社会人の方は、令和2年に親の扶養(税法上の扶養控除)に入っている可能性があります。親に令和2年末時点の扶養申告状況を確認し、扶養に入っていた場合は支給対象外となります(ただし、親が非課税の場合は除く。)。
  • 租税条約に基づく免除を受けた方を含む世帯は、支給対象外です。
  • 基準日までに離婚、死別、行方不明(警察署への行方不明者届の届出がある者や家庭裁判所による失踪宣告がある者等をいう。)の他、特別な配慮を要する者(配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している者、措置入所等児童、措置入所等障がい者・高齢者)については、住民税における取扱いに関わらず、(元)配偶者や親族、里親等に扶養されていないものとして判定するため、支給対象となる可能性があります(この場合は申請が必要となります)。
  • 令和3年度住民税とは、令和2年1月から令和2年12月までの収入に基づき課税される住民税のことをいいます。

2.家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降の家計が急変し、1の世帯と同様の事情にあると認められる世帯
ただし、世帯員の全員が、住民税が課税されている者に扶養されている者(地方税法の規定による青色事業専従者及び事業専従者を含む)からなる世帯ではないこと

支給額

1世帯あたり10万円(住民税非課税世帯、家計急変世帯、他自治体からの給付を問わず受給は1世帯1回限りとなります)

振込予定日一覧

(備考)振込日は変更になる場合があります

(住民税非課税世帯)
令和4年6月17日(金曜日)
令和4年7月1日(金曜日)
令和4年7月15日(金曜日)
令和4年7月29日(金曜日)
令和4年8月12日(金曜日)
令和4年8月26日(金曜日)
令和4年9月9日(金曜日)
令和4年9月22日(木曜日)
令和4年10月7日(金曜日)
令和4年10月21日(金曜日)

(家計急変世帯)
令和4年6月14日(火曜日)
令和4年6月21日(火曜日)
令和4年6月28日(火曜日)
令和4年7月5日(火曜日)
令和4年7月12日(火曜日)
令和4年7月20日(水曜日)
令和4年7月26日(火曜日)
以降は未定です。

支給の手続き方法

1.住民税非課税世帯

支給対象となる可能性がある世帯には豊田市から確認書を送付しました。
令和4年6月1日以降は申請が必要です。

2.家計急変世帯

申請が必要です。
申請書等の様式は、決まり次第ホームページおよび市役所窓口等に設置しています。

住民税非課税世帯の受給について

1.受給までの流れ

ア 豊田市から、給付内容等を記載した「給付金のお知らせ(確認書)」を送付します。
イ 確認書の記載内容を確認し、必要事項を記入の上、提出期限までに返信してください。
(備考)令和4年5月31日(当日消印有効)をもって、確認書の受付を終了しました。令和4年6月1日(水曜日)以降は申請書の提出が必要です。
ウ 審査の結果、支給することが決定した場合、豊田市から振込予定日等を記載した支給決定通知書を送付します。

2.令和3年1月1日以前から豊田市に住民票がある場合

令和4年2月7日(月曜日)に対象となる世帯宛に確認書を送付しました。

3.令和3年1月2日から同年12月10日までの間に豊田市に転入された場合(課税情報が豊田市にない世帯)

令和3年度住民税均等割が非課税の世帯であるかを、課税されている市町村に豊田市が照会し、対象世帯に対し、確認書を送付しました。

4. 2または3に該当しているが、令和4年5月31日までに確認書が未提出の場合

令和4年6月1日以降は「6.提出資料」を令和4年9月30日(消印有効)までに「5.提出先」へ提出してください。

5. 提出先

ア 持参の場合
豊田市役所 東庁舎1階 非課税世帯等給付金推進室
イ 郵送の場合
〒471-8501
豊田市西町3丁目60番地 豊田市役所非課税世帯等給付金推進室 行

6. 提出書類

(1)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(令和3年度確認書送付対象者用)

(2)

申請・請求者(世帯主)の本人確認書類(1点)

(主なもの)

マイナンバーカードのコピー(写真のある面)

運転免許証のコピー(写真のある面)

在留カードのコピー(写真のある面)

健康保険証のコピー(氏名が記載してある面) など

(備考)記号・番号を塗りつぶしてください。

(3)

振込先口座の確認書類(いずれか1点)

振込先口座の通帳又はキャッシュカードのコピー(金融機関名、口座種類、口座番号、口座名義人を確認できる部分)

(備考)申請・請求者(世帯主)名義のものに限ります。

家計急変世帯の申請について

1.申請方法

ア 給付金の受給には、原則、世帯主からの申請が必要です。
イ 要件を満たす方は、申請書(申立書含む)及び添付書類を直接窓口または郵送でご提出ください。

2.必要書類

ア 「申請書(家計急変世帯用)」、「収入(所得)見込額申立書」に必要事項を記入のうえ、本人確認書類のコピー、振込先口座がわかる書類のコピー、収入を証明する書類等を添付していただき、令和4年9月30日(消印有効)までに、申請してください。
イ 「申請書(家計急変世帯用)」、「収入(所得)見込額申立書」の入手方法

  • 本ページから、申請書(申立書含む)をダウンロードのうえ、ご活用ください
  • 豊田市非課税世帯等給付金推進室(豊田市役所 東庁舎1階)、福祉総合相談課(豊田市役所 東庁舎1階)で配布しています。

3.家計急変世帯の支給要件

令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、令和4年度分の住民税均等割りが課されている世帯全員のそれぞれの年収見込額が、住民税均等割非課税相当水準以下であること。
(備考)住民税非課税相当水準とは、世帯全員のそれぞれの年収見込額(令和4年1月以降の任意の1か月収入×12倍)、または年間所得見込額が市町村民税均等割非課税水準以下であることを指します(適用される限度額の詳細については、豊田市非課税世帯等給付金推進室にお問い合わせください。)。

4.「住民税均等割非課税相当水準以下」の判定例

扶養している親族の状況

非課税相当収入限度額

非課税相当所得限度額

配偶者・扶養親族0名の場合

970,000円

420,000円

配偶者・扶養親族1名の場合

1,479,000円

929,000円

配偶者・扶養親族2名の場合

1,898,000円

1,249,000円

配偶者・扶養親族3名の場合

2,355,000円

1,569,000円

配偶者・扶養親族4名の場合

2,815,000円

1,889,000円

配偶者・扶養親族5名の場合

3,271,000円

2,209,000円

障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合

2,044,000円

1,350,000円

 5.提出書類

(1)

  • 申請書(家計急変世帯用)(PDF形式)
  • 収入(所得)見込みの額申立書(家計急変世帯用)(PDF形式)
  • (記載例)申請書(家計急変世帯用)(PDF形式)
  • (記載例)収入(所得)見込みの額申立書(家計急変世帯用)(PDF形式)

(2)

申請・請求者(世帯主)の本人確認書類(1点)
(主なもの)

  • 運転免許証のコピー(写真のある面)
  • 健康保険証のコピー(氏名が記載してある面)
  • 在留カードのコピー(写真のある面)
  • マイナンバーカードのコピー(写真のある面)など

(3)

振込先口座の確認書類(いずれか1点)

  • 振込先口座の通帳のコピー(金融機関名、口座番号、口座名義人を確認できる部分)
  • 振込先口座のキャッシュカードのコピー(金融機関名、口座番号、口座名義人を確認できる部分)

(4)

「収入の見込額」又は「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類

  • 給与収入がある場合:給与明細書などのコピー
  • 事業収入又は不動産収入がある場合:帳簿などのコピー
  • 年金収入がある場合:年金決定通知書、年金額改定通知書、年金振込通知書などのコピー
  • 源泉徴収票、確定申告書などのコピー

6.提出先

ア 持参の場合
豊田市役所 東庁舎1階 非課税世帯等給付金推進室
イ 郵送の場合
〒471-8501
豊田市西町3丁目60番地 豊田市役所非課税世帯等給付金推進室 行

7.申請期限

令和4年9月30日(金曜日)まで(郵送の場合は消印有効)

お問い合わせ先

  • 受付時間…午前9時~午後5時(平日のみ)
  • 電話番号…0565-34-6017

制度に関するお問い合わせは、内閣府のコールセンターをご利用ください。

  • 電話番号(フリーダイヤル):0120-526-145
  • 受付時間:午前9時から午後8時(平日のみ)

給付金の返還について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給した後、確認内容に誤りがあり受給対象外であることが判明した場合、給付金返還の対象となります。給付金返還の対象の方は、以下の申出書を豊田市役所非課税世帯等給付金推進室までご提出ください。

臨時特別給付金を装った詐欺にご注意ください

豊田市や内閣府などの職員がATM(銀行、コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いしたり、給付のために手数料の振り込みを求めたりすることは絶対にありません。
不審な電話がかかってきたり、郵便物が届いたりしたら、消費生活センターや最寄りの警察署などにご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

非課税世帯等給付金推進室(福祉部内)
業務内容:住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の給付事務に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階
電話番号:0565-34-6017 ファクス番号:0565-34-6755

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?