新型コロナウイルス感染症に関する豊田市長からの動画メッセージ(令和3年3月1日)

ページ番号1042238  更新日 2021年3月1日 印刷

3月1日 市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。今日は3月1日、月曜日です。豊田市の新型コロナウイルスの状況についてお知らせします。

まず、新型コロナウイルス緊急事態宣言が解除されました。それに伴い、愛知県は独自の厳重警戒措置を実施することとしています。期間は、3月14日までです。内容はご覧のとおりです。

次に、それを受けた豊田市の対応です。1点目は、「新型コロナウイルス感染症対策強化期間」を終了します。昨年の12月から2月末までの3か月間、ありがとうございました。

公共施設における利用時間の短縮等について、3月1日から3月14日まで継続します。1点目は、利用時間の短縮です。これまで午後8時まででしたが、午後9時までとします。加えて利用者数の制限ですが、定員の50%、上限5千人でしたが、上限を1万人とします。

これはおさらいになりますが、2回目の緊急事態宣言の発出を受けた支援策として、豊田市では「感謝」と「希望」の取組を進めています。「感謝」については、最前線で頑張ってみえる医療従事者や高齢者施設の皆さんに、市民の皆さんから寄付をいただき、それを基に市内の産品を送るという取組です。今年度末まで実施していますので、ぜひ寄付をお願いいたします。

「希望」の取組の1点目は、「おめでとう新生児お祝い金」です。今年の4月1日までは、昨年からの取組で、新生児お一人10万円をお渡ししています。それに加えて、来年の4月1日まで、引き続き「おめでとう新生児お祝い金」として、新生児お一人10万円をお渡しする予定で進めています。また、テレワークでホテルや旅館を利用する場合に補助金をお支払いします。また、SIBを活用した官民連携による介護予防事業について、民間の活力を活用した取組です。こうした取組を今後も進めていきます。

自宅療養者の方については、配食サービスの提供を1日1回3食分、電話による健康観察、パルスオキシメーターの貸与などの取組を継続しています。

ワクチン接種ですが、いろいろと不安があるかと思います。0565-34-6975、こちらがコールセンターの電話番号です。何かあればご相談ください。

最後に、緊急事態宣言は一旦終わりましたが、私たちの日常生活はこれからも当分の間は変わらないと思っています。特に、「感染しているかもしれない」という考えで日常生活を送っていただきたいと思います。

とりわけこの3点です。マスクの着用、手洗い・手指の消毒、「3密」の回避、この3つの基本的な取組は、今後も徹底していきましょう。

これからも新型コロナウイルスの感染拡大予防にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

令和3年3月1日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

豊田市長(とよたしちょう)の太田(おおた)です。

今日(きょう)は、3月(がつ)1日(にち)月曜日(げつようび)です。
豊田市(とよたし)の新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の状況(じょうきょう)を伝(つた)えます。

政府(せいふ)の、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)の期間(きかん)が終(お)わりました。
しかし、愛知県(あいちけん)は、厳重(げんじゅう)警戒(けいかい)措置(そち)<=新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)を広(ひろ)げないための取組(とりくみ)>をしています。
期間(きかん)は、3月(がつ)1日(にち)から3月(がつ)14日(にち)までです。
厳重(げんじゅう)警戒(けいかい)措置(そち)でお願(ねが)いすることは、「食事(しょくじ)をする店(みせ)を午後(ごご)9時(じ)までに閉(し)めること」と「用事(ようじ)がないときは、外(そと)に出(で)ないこと」などです。

豊田市(とよたし)では、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)に特(とく)に気(き)を付(つ)ける期間(きかん)を、終(お)わります。
去年(きょねん)の12月(がつ)から今年(ことし)の2月(がつ)までの間(あいだ)、協力(きょうりょく)してくれて、ありがとうございました。

これからは、公共(こうきょう)施設(しせつ)は、午後(ごご)9時(じ)まで使(つか)うことができます。
使(つか)うことができる人数(にんずう)は、定員(ていいん)の半分(はんぶん)です。

豊田市(とよたし)では、感謝(かんしゃ<=ありがたいと思(おも)うこと>)と希望(きぼう<=良(よ)くなってほしいと思(おも)うこと>)の取組(とりくみ)をしています。感謝(かんしゃ)の取組(とりくみ)は、病院(びょういん)や高齢者(こうれいしゃ)施設(しせつ)などで毎日(まいにち)頑張(がんば)って働(はたら)いている人(ひと)を助(たす)けることです。そのために、みなさんから、寄附(きふ)のお金(かね)を集(あつ)めています。
3月(がつ)31日(にち)まで、寄附(きふ)のお金(かね)を集(あつ)めています。協力(きょうりょく)をお願(ねが)いします。

希望(きぼう)の取組(とりくみ)は、「おめでとう新生児(しんせいじ)お祝(いわ)い金(きん)」です。
生(う)まれた子(こ)ども1人(ひとり)あたりに10万円(まんえん)を払(はら)っています。2022年(ねん)4月(がつ)1日(にち)まで続(つづ)きます。
テレワーク(てれわーく)でホテル(ほてる)などを使(つか)う人(ひと)は、ホテル(ほてる)などを安(やす)く使(つか)うことができます。
家(いえ)で休(やす)んでいる人(ひと)には、一日(いちにち)1回(かい)、3食分(しょくぶん)を持(も)って行(い)くこと、電話(でんわ)で一日(いちにち)1回(かい)、病気(びょうき)のようすを聞(き)くこと、パルスオキシメーター(ぱるすおきしめーたー)を貸(か)すこと、を続(つづ)けます。
ワクチン(わくちん)の注射(ちゅうしゃ)について、分(わ)からないこと、心配(しんぱい)なことがあったら、コールセンター(こーるせんたー)に相談(そうだん)してください。

コールセンター(こーるせんたー)
電話(でんわ):0565-34-6975
受付(うけつけ):午前(ごぜん)9時(じ)~午後(ごご)5時(じ) (土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、祝日(しゅくじつ)も相談(そうだん)できます。

豊田市(とよたし)の「新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)に特(とく)に注意(ちゅうい)する期間(きかん)」はこれで終(お)わります。しかし、これからも、「自分(じぶん)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない」と考(かんが)えて、生活(せいかつ)してください。

「マスク(ますく)をつける」「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」。この取組(とりくみ)は、必(かなら)ず続(つづ)けましょう。

よろしくお願(ねが)いします。

令和(れいわ)3年(ねん)3月(がつ)1日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。