新型コロナウイルス感染症対策強化期間における豊田市長からの動画メッセージ 10回目(令和3年2月3日)

ページ番号1041802  更新日 2021年2月3日 印刷

2月3日 市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。今日は2月3日、水曜日です。新型コロナウイルスの状況についてお知らせします。

まず、緊急事態宣言の期限が延長されました。それに伴い、愛知県の緊急事態措置も継続されます。不要不急の外出自粛、特に午後8時以降の自粛の徹底、飲食店等の営業時間の短縮などです。午後8時以降とありますが、午後8時までなら大丈夫という訳ではありません。朝のモーニング、ランチなどあらゆる場面で徹底したいと思います。

また、合わせて豊田市においても、公共施設の利用時間の短縮等を継続していきます。今しばらく、市民の皆さんよろしくお願いいたします。

2月以降の豊田市の取組です。12月、1月に「新型コロナウイルス感染症対策強化月間」として様々な取組を行ってまいりました。今回の期限の延長を捉えて、名称を変更し、「新型コロナウイルス感染症対策強化期間」とします。継続するのは、市長メッセージの発出と公共施設等へのポスター掲示などです。新たに、外国人向けの啓発動画の発信をしてまいります。周りに外国人の方がおみえでしたら、ぜひこの動画を見ていただくようにお勧めいただきたいと思います。

最新の感染動向です。2月2日時点で累計1,123人です。

次に、週間の感染動向で、新規の感染者の推移です。年末年始の12月28日から1月3日は少なくなっています。民間の病院等が検査をしておりませんので、こういう状況かと思います。そして、年が明け、一気に感染者が増えたという状況です。その後比較的落ち着きましたが、最近はまた増えてきました。

今日は、クラスターの発生状況について情報提供させていただきます。1月19日以降、市内で2か所発生しています。1か所は医療機関、もう1か所は介護事業所です。どちらも、DMAT(災害派遣医療チーム)の派遣を受けて、しっかりと対応しています。

1月18日から24日は、82名の感染が確認されていますが、このうち18名はクラスターです。同じように、1月25日から31日は、110名と多くなっていますが、このうち22名がクラスターです。


12月、1月の「新型コロナウイルス感染症対策強化月間」における感染動向を見てみますと、12月から1月にかけて、20~50歳代は減少傾向にあります。12月は66%、1月は50%でした。

反対に、60代以上は増加傾向です。12月は21%、1月は42%となっています。高齢になるにつれ、重症化リスクが高まると言われていますので、この傾向を私たちみんなで共有し、お互い注意し合いたいと思います。

ご自身と大切な人を守るために、「感染していないだろう」ではなく、「感染しているかもしれない」という発想を大切にしたいと思います。そのことにより、「感染しない・させない」という取組につなげていきたいと思います。

なぜマスクを着用しなければいけないのかについて、改めて考えてみます。私は感染しているかもしれない、だから飛沫を防止するためにマスクを着用する。もしかしたらあなたが感染しているかもしれない、だからあなたからのウイルスを防ぐ、そのために「マスクを着用する」ということです。

なぜ手洗い・手指の消毒をしなければならないのか。ウイルスを洗い流す、ウイルスを拡散させないためですが、例えば、スーパーや飲食店に入るとき、もしかしたら自分が感染しているかもしれない、だからウイルスを店に持ち込まないために、店に入る前に手指の消毒をする。また、用を済ませて外に出るとき、もしかしたら自分にウイルスが付着したかもしれない、だから手指を消毒する。家に帰ったら、家の中にウイルスを持ち込ませないために、手を洗い、手指の消毒をする。それを徹底しましょう。

しかし、マスクで全て防ぐことができるわけではありません。マスクで防ぎ切れないウイルスの吸引や付着の確率を下げるため、「3密を回避する」ということです。

改めて、この3つの基本的な感染症対策の徹底をしたいと思います。

そして、改めてこの「5つの場面」に注意してください。2つ目の「大人数や長時間の会食」とありますが、これは以前から申し上げているとおり、小人数だからいいというわけではありません。小人数でも誰かが感染しているかもしれない、そのことに常に注意して行動していきたいと思います。

新型コロナウイルス、こうした行動に気を付けるということをお互いに確認し合って、安心・安全な日常生活を取り戻すために、今一度頑張りましょう。よろしくお願いいたします。

令和3年2月3日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

豊田市長(とよたしちょう)の太田(おおた)です。今日(きょう)は2月(がつ)3日(にち)水曜日(すいようび)です。新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の状況(じょうきょう)を伝(つた)えます。

緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)の期間(きかん)が長(なが)くなり、3月(がつ)7日(にち)まで続(つづ)きます。愛知県(あいちけん)は、みなさんに必要(ひつよう)がなければ外(そと)に出(で)ないこと、特(とく)に夜(よる)の8時(じ)を過(す)ぎてからは、外(そと)に出(で)ないことをお願(ねが)いしています。また、食事(しょくじ)をする店(みせ)に、店(みせ)を早(はや)く閉(し)めたり休(やす)むようにお願(ねが)いしています。

「夜(よる)の8時(じ)を過(す)ぎてからは、外(そと)に出(で)ない」となっていますが、これは夜(よる)の8時(じ)までは大丈夫(だいじょうぶ)ということではありません。朝(あさ)も昼(ひる)も、必要(ひつよう)がなければ外(そと)に出(で)ないでください。

豊田市(とよたし)は、交流館(こうりゅうかん)や体育館(たいいくかん)などの市(し)の建物(たてもの)を使(つか)うことができる時間(じかん)を短(みじか)くすることを続(つづ)けます。みなさん、もう少(すこ)しの間(あいだ)、協力(きょうりょく)をお願(ねが)いします。

豊田市(とよたし)は、2月(がつ)からも「新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)に特(とく)に注意(ちゅうい)する期間(きかん)」にします。市長(しちょう)メッセージ(めっせーじ)で、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の情報(じょうほう)を伝(つた)えることを続(つづ)けます。また、交流館(こうりゅうかん)や体育館(たいいくかん)などの市(し)の建物(たてもの)で、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の情報(じょうほう)を書(か)いた紙(かみ)を貼(は)ります。

新(あたら)しく、外国人(がいこくじん)の人(ひと)が分(わ)かりやすい、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の動画(どうが)を作(つく)りました。ぜひこの動画(どうが)を見(み)てください。そして、友達(ともだち)や家族(かぞく)にも教(おし)えてください。

2月(がつ)2日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、合計(ごうけい)1,123人(にん)です。入院(にゅういん)している人(ひと)は162人(にん)、病気(びょうき)が治(なお)った人(ひと)は950人(にん)、症状(しょうじょう)が重(おも)い人(ひと)は2人(にん)、亡(な)くなった人(ひと)は11人(にん)です。

はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の1週間(しゅうかん)ごとの数(かず)についてです。12月(がつ)28日(にち)から1月(がつ)3日(にち)の間(あいだ)に、はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の数(かず)は少(すく)なかったです。1月(がつ)4日(にち)からは、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の数(かず)が増(ふ)えました。

次(つぎ)に、豊田市(とよたし)でおきたクラスター(くらすたー)についてです。1月(がつ)19日(にち)から今日(きょう)までの間(あいだ)に、豊田市(とよたし)では、2つの場所(ばしょ)でクラスター(くらすたー)がおきました。病院(びょういん)と介護施設(かいごしせつ)です。どちらも、医者(いしゃ)・看護師(かんごし)などの専門的(せんもんてき)なチーム(ちーむ)が来(き)て、対応(たいおう)しました。

1月(がつ)18日(にち)から1月(がつ)24日(にち)の間(あいだ)に82人(にん)がはじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になりました。この82人(にん)のうち、18人(にん)はクラスター(くらすたー)で病気(びょうき)になった人(ひと)たちです。同(おな)じように、1月(がつ)25日(にち)から1月(がつ)31日(にち)の間(あいだ)に110人(にん)の人(ひと)がはじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になりました。この110人(にん)のうち、22人(にん)がクラスター(くらすたー)で病気(びょうき)になりました。

12月(がつ)と1月(がつ)に新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)についてです。12月(がつ)と1月(がつ)を比(くら)べると、1月(がつ)は20歳(さい)から59歳(さい)の人(ひと)の割合(わりあい)が減(へ)っています。しかし、60歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)の割合(わりあい)は増(ふ)えています。

高齢(こうれい)の人(ひと)は重(おも)い症状(しょうじょう)になることが多(おお)いです。たくさんの高齢(こうれい)の人(ひと)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっていることを、みなさんも知(し)ってください。高齢(こうれい)の人(ひと)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように、一緒(いっしょ)に気(き)をつけていきましょう。

あなたとあなたの大切(たいせつ)な人(ひと)の命(いのち)を守(まも)りましょう。そのために、「自分(じぶん)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっていないだろう」ではなく、「自分(じぶん)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない」と考(かんが)えてください。そして、「自分(じぶん)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならない・ほかの人(ひと)に病気(びょうき)をうつさない」ようにしましょう。そのためにも、次(つぎ)のことが大事(だいじ)です。

「マスク(ますく)をつける」ことが大事(だいじ)です。「私(わたし)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない。」と考(かんが)えて、ウイルス(ういるす)が遠(とお)くに飛(と)ばないようにするためにマスク(ますく)をつけましょう。「他(ほか)の人(ひと)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない」と考(かんが)えて、他(ほか)の人(ひと)から病気(びょうき)がうつらないようにするためにマスク(ますく)をつけましょう。

手(て)に付(つ)いたウイルス(ういるす)を減(へ)らしたり、手(て)に付(つ)いたウイルス(ういるす)を広(ひろ)げないために、「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」ことが大事(だいじ)です。買(か)い物(もの)をするときやレストラン(れすとらん)に入(はい)る前(まえ)に、「私(わたし)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない。」と考(かんが)えて、手(て)を洗(あら)ったり、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をしてください。そうすれば、ウイルス(ういるす)をスーパー(すーぱー)やレストラン(れすとらん)に持(も)っていくことがなくなります。買(か)い物(もの)や食事(しょくじ)が終(お)わった後(あと)も、外(そと)に出(で)る前(まえ)に、「ウイルス(ういるす)が私(わたし)の手(て)に付(つ)いたかもしれない。」と考(かんが)えて、手(て)を洗(あら)ったり、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をしてください。家(いえ)に帰(かえ)ったときにも、手(て)を洗(あら)ったり、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をしてください。そうすれば、家(いえ)の中(なか)にウイルス(ういるす)を持(も)っていくことがなくなります。

マスク(ますく)をつけることで全部(ぜんぶ)のウイルス(ういるす)を防(ふせ)ぐことはできません。マスク(ますく)で防(ふせ)ぐことができないウイルス(ういるす)から、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないようにするために、「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」ことが大事(だいじ)です。

このため、「マスク(ますく)をつける」「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」ことに気(き)をつけましょう。

「飲(の)み会(かい)」、「たくさんの人(ひと)が集(あつ)まる、長(なが)い時間(じかん)の食事会(しょくじかい)」、「マスク(ますく)をしないで話(はな)す」、「狭(せま)い場所(ばしょ)で一緒(いっしょ)に暮(く)らす」、「場所(ばしょ)が変(か)わる」、この、5つの場面(ばめん)にも気(き)をつけてください。

「たくさんの人(ひと)が集(あつ)まる、長(なが)い時間(じかん)の食事会(しょくじかい)」について、人(ひと)が少(すく)ないときも、「私(わたし)や一緒(いっしょ)にいる人(ひと)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない。」と、いつも考(かんが)えて、気(き)をつけていきましょう。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように、お互(たが)いに気(き)をつけましょう。そして、安心(あんしん)して生活(せいかつ)できるように、みんなで頑張(がんば)りましょう。よろしくお願(ねが)いします。

令和(れいわ)3年(ねん)2月(がつ)3日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。