新型コロナウイルス感染症対策強化月間における豊田市長からの動画メッセージ 9回目(令和3年1月26日)

ページ番号1041636  更新日 2021年1月27日 印刷

1月26日 市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。今日は1月26日、火曜日です。昨日、豊田市内の新型コロナウイルス感染者が累計で1,000人を超えました。これまで、昨年の3月12日に1例目が発生し、その後12月14日までで500人。そして、12月15日から昨日まででさらに500人余という状況です。最近になって感染者が一気に増えたことが見て取れるかと思います。

豊田市は、人口が名古屋市に次いで多いです。ですので、感染者数は多く出ます。人口10万人あたりの感染者数で比較しました。愛知県には38の市ありますが、豊田市は全体の中で19位という位置です。つまり38ある市の中でちょうど真ん中あたりです。なお、愛知県よりも低く、全国と比べても低い、というのが豊田市の状況です。次に、西三河9市で比較しました。愛知県の中では真ん中あたりですが、西三河で比較すると2番目に多いです。多いですが、いずれの市も横並びの状況です。

こうした中で豊田市にも自宅療養者が、現時点で約80人いらっしゃいます。入院調整中の方は現時点ではいません。自宅療養者については、無症状や軽症など医師が療養可能と判断した場合となります。自宅療養中は原則として外出はできません。ですので、豊田市としては、自宅療養となった方々に不安なく過ごしていただくため様々な取組を行っています。1つ目は、配食サービスを1日1回、3食分提供しています。2つ目は、電話での健康観察ということで、保健所の職員が原則1日1回、電話で状況を確認しています。なお、「パルスオキシメーター」の貸与については、現在準備を進めているところです。

自宅療養者の方々は外出できませんし、市からのサービスを活用して療養に専念していただくわけですが、何か異変を感じた際は、保健所、あるいはかかりつけ医に連絡をしていただきます。その際には消防本部ときちんと連携が取れていますので、陽性患者の救急搬送に対応可能な装備を常に整えて、安全で迅速に対処できるようにしていますので、その点はご安心ください。
改めて申し上げます。「私は感染していないだろう」、「ここにいる人達は感染していないだろう」ではなく、「私はもしかしたら感染しているかもしれない」、「この中の誰かが感染しているかもしれない」、そういう意識をもって、「感染しない・感染させない」を徹底していただきたいと思います。

ですので、改めて次の3点を徹底してください。1点目は「マスクの着用」です。私が感染しているかもしれないから、感染させないように、あるいは、誰かが感染しているかもしれないから、感染しないようにするために、「マスクを着用する」、また「手洗い・手指の消毒をする」、「3密を回避する」、この基本的なことを徹底してください。

また、この感染リスクが高まる「5つの場面」についても、改めて注意してください。とりわけ、会食の時にマスクを外して会話が弾む、これが飛沫を飛ばし合い、感染リスクを高めます。食事をする時はマスクを外しますが、黙って静かに食べましょう。会話をする時はマスクをしてください。これは、朝のモーニングであれ、ランチであれ、夜の会食であれ、少人数であれ、大人数であれ同じです。徹底しましょう。

この新型コロナウイルスの状況が長引くほど、私たちは先が見えなくなってしまいます。ぜひ一致団結して、マスクの着用などの基本的な取組を徹底し、この新型コロナウイルスをみんなで乗り越えていきましょう。よろしくお願いいたします。

令和3年1月26日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

豊田市長(とよたしちょう)の太田(おおた)です。今日(きょう)は1月(がつ)26日(にち)火曜日(かようび)です。昨日(きのう)、豊田市(とよたし)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の合計(ごうけい)が1,000人(にん)を超(こ)えました。

最初(さいしょ)に豊田市(とよたし)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、2020年(ねん)3月(がつ)12日(にち)に分(わ)かりました。それから2020年(ねん)12月(がつ)14日(にち)までの合計(ごうけい)は500人(にん)でした。2020年(ねん)12月(がつ)15日(にち)から昨日(きのう)までで、500人(にん)です。

最近(さいきん)、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になる人(ひと)がとても増(ふ)えています。

豊田市(とよたし)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の割合(わりあい)は、愛知県(あいちけん)では真(ま)ん中(なか)くらいの順番(じゅんばん)です。

順番(じゅんばん)は真(ま)ん中(なか)くらいですが、愛知県(あいちけん)全体(ぜんたい)が増(ふ)えていますので、とても大変(たいへん)な状況(じょうきょう)です。

今(いま)、病院(びょういん)で入院(にゅういん)するのではなく、自分(じぶん)の家(いえ)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)が治(なお)るまで休(やす)んでいる人(ひと)が80人(にん)います。自分(じぶん)の家(いえ)で休(やす)んでいる人(ひと)は、家(いえ)から外(そと)に出(で)てはいけません。家(いえ)の中(なか)で治(なお)るまで休(やす)んでください。そのために、豊田市(とよたし)では家(いえ)まで食事(しょくじ)を運(はこ)ぶサービス(さーびす)として、1日(にち)1回(かい)3食分(しょくぶん)を届(とど)けています。そして1日(にち)1回(かい)、保健所(ほけんじょ)《=病気(びょうき)が広(ひろ)がらないようにするところ》から電話(でんわ)で体(からだ)の調子(ちょうし)を確認(かくにん)しています。食事(しょくじ)を届(とど)けることと電話(でんわ)で体(からだ)の調子(ちょうし)を確認(かくにん)することで、自分(じぶん)の家(いえ)でしっかり休(やす)んでもらいます。

もしも自分(じぶん)の家(いえ)にいるときに、体(からだ)の調子(ちょうし)が悪(わる)くなったらすぐに保健所(ほけんじょ)やいつも行(い)っている病院(びょういん)に電話(でんわ)してください。
必要(ひつよう)があれば、消防署(しょうぼうしょ)《=消防車(しょうぼうしゃ)や救急車(きゅうきゅうしゃ)を呼(よ)ぶところ》に電話(でんわ)してください。消防署(しょうぼうしょ)は、急(きゅう)に体(からだ)の調子(ちょうし)が悪(わる)くなった人(ひと)を安全(あんぜん)に早(はや)く病院(びょういん)まで運(はこ)びます。そしてあなたとあなたの大切(たいせつ)な人(ひと)を守(まも)ります。

もう一度(いちど)、次(つぎ)のことを確認(かくにん)してください。

「私(わたし)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっていないだろう」と考(かんが)えることはやめてください。「もしかしたら私(わたし)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない」と考(かんが)えてください。だから、お互(たが)いに「マスク(ますく)をつける」、みんなが「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」、そして「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」ようにしてください。

久(ひさ)しぶりに会(あ)うとハグ(はぐ)をして喜(よろこ)び合(あ)いたい気持(きも)ちは分(わ)かります。でも我慢(がまん)しましょう。私(わたし)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない、あなたも病気(びょうき)になっているかもしれないと考(かんが)えましょう。

今(いま)は、ハグ(はぐ)をすることを我慢(がまん)しましょう。そうすることが、私(わたし)とあなたの命(いのち)を守(まも)ることになります。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)がなくなれば、明(あか)るく元気(げんき)に楽(たの)しくハグ(はぐ)をすることができます。そのときを待(ま)ちましょう。

最後(さいご)にもう一度(いちど)お願(ねが)いです。少(すく)ない人(ひと)での食事(しょくじ)でも、「マスク(ますく)をしないで話(はな)す」「マスク(ますく)をしないで食事(しょくじ)をする」ことになるので、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になるリスク(りすく)が高(たか)くなります。

「食(た)べるときはマスク(ますく)をしないので、話(はな)さないで食(た)べる」「静(しず)かに飲(の)む」。「話(はな)すときはマスク(ますく)をつけて、距離(きょり)をとって話(はな)す」そのことをしばらくの間(あいだ)、我慢(がまん)して行(おこな)いましょう。

そして私(わたし)たちが新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないようにしましょう。よろしくお願(ねが)いします。

令和(れいわ)3年(ねん)1月(がつ)26日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。