新型コロナウイルス感染症対策強化月間における豊田市長からの動画メッセージ 8回目(令和3年1月20日)

ページ番号1041560  更新日 2021年1月20日 印刷

1月20日 市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。今日は1月20日、水曜日です。豊田市の新型コロナウイルスに関する情報提供をします。

最新の感染動向です。昨日、1月19日時点で累計943人となりました。うち、入院中が150人、治療終了が786人です。

次に、週間の感染動向です。直近の1月11日から17日の週の新規感染者は106人です。その前の週が110人です。検査件数は、直近が792人、前の週が899人で同じような状況です。最近の状況を見ると、高止まりという傾向です。

よく市民の皆さんから、「豊田市は感染者数が多い」という意見が出ます。その際、私はこう答えます。1つは、「多いです」。もう1つは、「豊田市は名古屋市に次いで人口が多いです。」と答えます。今日はそのあたりについてお話しします。

人口10万人当たりの感染者数の状況を見てみました。緊急事態宣言が発出されている11都府県を比較しました。一番多いのが東京都、次いで神奈川県、千葉県と続きます。関東がやはり多いです。それに対して愛知県は、全国の都道府県の中で12位という状況です。12位という状況ですが、医療の現場はかなりひっ迫してきています。

次に、愛知県の中で豊田市がどういう状況なのかをお話しします。愛知県内には38の市がありますが、その中で豊田市の直近の1週間の感染者数は、人口10万人あたり25人です。一番感染者数が多い市は48人となっています。豊田市は愛知県の中で、感染者数が多い順に並べて13位に位置します。その前の週は18位でした。ですので、豊田市は愛知県の中でだいたい真ん中あたり、真ん中よりも少し上という状況ですが、2週間を比較すると豊田市の感染者数は若干増えています。愛知県全体と比較して、2週前は愛知県よりも下、直近の1週間はほぼ愛知県平均となっています。また、西三河には9つの市があります。先ほど申し上げたように、豊田市の直近1週間の感染者数は、人口10万人あたり25人で、西三河の中で感染者数が一番多い市は40人です。つまり、豊田市は人口が多い分、感染者数は多く表示されます。ただ、人口10万人あたりで見れば、実は豊田市は先ほど申し上げたような状況です。

こうした豊田市の状況を豊田市としてどう評価するかということについては、様々な意見があると思います。私は、大半の豊田市の皆さんは、マスクをし、手洗い・手指の消毒をし、3密を避けるなどの行動を、この1年間ずっと続けてこられたと思います。そうしたことが、今の豊田市の状況が表していると思っています。ですので、市民の皆さんが、マスクを忘れず、手洗い・手指の消毒を忘れず、3密を避けることを今後も続けることが大切だと思います。

最近の感染動向です。年代別では、10代から40代の占める割合は減少傾向にあります。減少傾向にありますが、依然として感染者全体の半数は、10代から40代です。それで、50代・60代が増加傾向にあります。割合としては10代から40代と比べて少ないです。少ないですが、傾向から伺えるのは、10代から40代の現役世代が活発に行動して、家庭内、あるいは職場や仲間内を通して高齢者にじわじわと広がっていると捉えています。こういう傾向が続きますと、重症化リスクの高い中高年代の感染拡大につながりかねません。とりわけ10代から40代の皆さんには、マスク、手洗い・手指の消毒、3密を避ける、こうした行動に心掛けていただきたいと思います。

前回も申し上げましたが、「私は感染していないだろう」、「家族は感染していないだろう」、あるいは「周りにいる人達は感染していないだろう」という考え方は捨てましょう。「私はもしかしたら感染しているかもしれない」、「家族の中に感染している人がいるかもしれない」、あるいは「職場や周りにいる人達が感染しているかもしれない」、だから、感染しないように、感染させないように、マスクの着用、手洗い・手指の消毒、3密の回避を徹底しましょう。

加えて、感染リスクが高まる「5つの場面」についても注意してください。私が感染しているかもしれない、周りの誰かが感染しているかもしれない、と思えばこうした場面はみんなで注意すると思います。感染しているかもしれないという気持ちを自分がついついうっかり忘れてしまうのであれば、周りの人に注意してもらいましょう。また、周りの人がついついうっかり忘れてしまっていたら、あなたが注意しましょう。みんなで注意し合いましょう。マスクと手洗いと3密、この3つです。よろしくお願いします。

今回の緊急事態宣言の発出を受け、豊田市では新たに4つの取組を進めています。キーワードは「感謝」と「希望」です。二度目の緊急事態宣言です。さすがに1年これだけ頑張ってきて、今後もより一層頑張っていくという中で、医療従事者の皆さん、介護施設や障がい者施設などで働く皆さん、全てのエッセンシャルワーカーの皆さんに、改めて感謝したいと思います。そのための寄附金を今募集しています。「感謝」の気持ちを伝えるために、皆さんからの税金で対応するということはできます。できますが、改めて皆さんから寄附をいただくことにより、その寄附に皆さんの思いをこめて「感謝」の気持ちを伝えるということが今こそ大切だと思います。皆さんの気持ちを、ぜひこの「新型コロナウイルス最前線応援寄附金」にお寄せください。詳細は、豊田市のホームページに記載していますので、ぜひご覧ください。

加えて、「希望」の取組として、「おめでとう新生児お祝い金」という取組を進めます。今年の4月2日からです。現在妊娠中の皆さん、ご家族の皆さんにおかれましては、本来であれば手放しで生まれてくる命を待ちわびているところだと思いますが、この新型コロナウイルスの中で大変心配されてみえると思います。生まれてくる子ども達は、皆さんにとっても、豊田市にとっても希望です。生まれてくる子ども達に希望をもって迎え入れる、そして希望をもって出産、育児に臨まれる、それを目指して、このお祝い金を4月2日以降に生まれてくる子ども1人あたり10万円をお渡ししたいと思います。

次に、「テレワーク利用促進補助金」についてです。テレワークは今後も進んでまいります。ただ、テレワークは光と影があると思います。なかなか皆さん諸手を挙げて賛成という訳にはいかないと思います。テレワークの一つのスタイルとして、豊田市内のホテルや旅館を活用し、そういう場でテレワークを体験してみてはいかがでしょうか。そのための補助金を今回ご用意しました。こちらについても豊田市のホームページで詳細をお知らせしていますので、ぜひご覧ください。

最後に、「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種」についてです。色んな情報が出ていますが、今のところどれも確たる情報にはなっていません。豊田市では、「ワクチン接種推進チーム」を新たに設置しています。このチームを中心に、間違いなく、スピーディーに市民の皆さんにワクチン接種を受けていただけるように、仕事を進めていきます。ワクチン接種に関する様々な情報を市のホームページに随時掲載していきますので、ぜひご確認いただきたいと思います。

新型コロナウイルス、見えない敵です。見えない敵ですが、これまでの経験の中で、マスクを忘れない、手を洗う、手指を消毒する、3密を避けるということははっきりしています。朝のモーニング、昼のランチ、カラオケ、あるいは夜の会食、いずれも問題はありません。ただし、その時にマスクを外して、飛沫が飛び交うような時間は過ごさないでください。食事をするときは、もちろんマスクを外しますが、そのときは必ずしゃべらないでください。話すときはマスクをして、適度な間隔をとってください。このことを朝も昼も夜も、少人数であれ、大人数であれ徹底しましょう。ぜひ今こそ一丸となって新型コロナウイルスに取り組んでいきたいと思います。

市民の皆さん、よろしくお願いします。

令和3年1月20日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

「新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)」の新(あたら)しい情報(じょうほう)を伝(つた)えます。

先週(せんしゅう)、政府(せいふ)が愛知県(あいちけん)に「緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)(※)」を出(だ)しました。愛知県(あいちけん)は、みなさんに、必要(ひつよう)がなければ外(そと)に出(で)ないこと、特(とく)に夜(よる)の8時(じ)を過(す)ぎてからは、外(そと)に出(で)ないことをお願(ねが)いしています。また、食事(しょくじ)をする店(みせ)に、店(みせ)を早(はや)く閉(し)めたり、休(やす)むようにお願(ねが)いしています。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の人(ひと)が増(ふ)えないようにするために、これからも協力(きょうりょく)をお願(ねが)いします。

そして、「夜(よる)の8時(じ)を過(す)ぎてからは外(そと)に出(で)ない」となっていますが、これは夜(よる)の8時(じ)までは大丈夫(だいじょうぶ)ということではありません。朝(あさ)、昼(ひる)、夜(よる)の食事(しょくじ)で、食(た)べている時(とき)はマスク(ますく)をしないので、その時(とき)は会話(かいわ)をしないようにしましょう。会話(かいわ)をするときはマスク(ますく)をつけてください。人(ひと)が多(おお)い時(とき)も、少(すく)ない時(とき)も、ウイルス(ういるす)が遠(とお)くに飛(と)ばないように気(き)をつけてください。

豊田市(とよたし)で、1月(がつ)19日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、合計(ごうけい)943人(にん)です。入院(にゅういん)している人(ひと)は150人(にん)、病気(びょうき)が治(なお)った人(ひと)は786人(にん)、亡(な)くなった人(ひと)は7人(にん)です。

次(つぎ)に、1月(がつ)11日(にち)から1月(がつ)17日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)についてです。この1週間(しゅうかん)で、はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、106人(にん)です。先週(せんしゅう)と同(おな)じでとても多(おお)い状況(じょうきょう)です。

はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の数(かず)は、10歳(さい)から49歳(さい)の人(ひと)が減(へ)っていますが、全体(ぜんたい)の半分(はんぶん)が10歳(さい)から49歳(さい)の人(ひと)で、多(おお)いです。また、50歳(さい)から69歳(さい)の人(ひと)が増(ふ)えています。高齢(こうれい)の人(ひと)は、重(おも)い症状(しょうじょう)になることが多(おお)いので、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になることがとても心配(しんぱい)です。若(わか)い人(ひと)が、外(そと)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になり、家(いえ)に帰(かえ)って、高齢(こうれい)の家族(かぞく)の人(ひと)にうつしていることが、多(おお)いと思(おも)います。外(そと)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように、「マスク(ますく)をする」「手(て)を洗(あら)う、手(て)を消毒(しょうどく)する」「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」ことに気(き)をつけてください。

豊田市(とよたし)でも、夜(よる)の「食事会(しょくじかい)」で病気(びょうき)になった人(ひと)が多(おお)いです。昼(ひる)のカラオケ(からおけ)や食事会(しょくじかい)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)がいます。必要(ひつよう)がなければ、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)がうつるかもしれない、人(ひと)が集(あつ)まるところには行(い)かないでください。

このような状況(じょうきょう)ですが、たくさんの人(ひと)は、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように気(き)をつけていると思(おも)います。協力(きょうりょく)してくれてありがとうございます。

あなたとあなたの大切(たいせつ)な人(ひと)の命(いのち)を守(まも)りましょう。そのために、「自分(じぶん)/家族(かぞく)の人(ひと)/自分(じぶん)のまわりの人(ひと)は、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっていないだろう」と考(かんが)えるのは、やめましょう。「自分(じぶん)/家族(かぞく)の人(ひと)/自分(じぶん)のまわりの人(ひと)は新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になっているかもしれない」と考(かんが)えてください。そして、「自分(じぶん)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならない・ほかの人(ひと)に病気(びょうき)をうつさない」ように一緒(いっしょ)に頑張(がんば)りましょう。

これからも、「マスク(ますく)をつける」、「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」、この3つのことを守(まも)っていきましょう。

「飲(の)み会(かい)」、「たくさんの人(ひと)が集(あつ)まる、長(なが)い時間(じかん)の食事会(しょくじかい)」、「マスク(ますく)をしないで話(はな)す」、「狭(せま)い場所(ばしょ)で一緒(いっしょ)に暮(く)らす」、「場所(ばしょ)が変(か)わる」、この、5つの場面(ばめん)にも気(き)をつけてください。特(とく)に「場所(ばしょ)が変(か)わる」ときに気(き)をつけてください。新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように、みんなでしっかりと気(き)をつけていた場所(ばしょ)から、違(ちが)う場所(ばしょ)に動(うご)くときに注意(ちゅうい)することを忘(わす)れることがあると思(おも)います。場所(ばしょ)が変(か)わっても注意(ちゅうい)することを忘(わす)れないで、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないように気(き)をつけましょう。

今回(こんかい)は、2回目(かいめ)の緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)です。もう一度(いちど)、気持(きも)ちを一(ひと)つにしてみんなで頑張(がんば)りましょう。豊田市(とよたし)は、次(つぎ)の新(あたら)しいことに取(と)り組(く)んでいます。

1つは、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき )になった人(ひと)を助(たす)けるために、病院(びょういん)や介護施設(かいごしせつ)などで毎日(まいにち)頑張(がんば)って働(はたら)いている人(ひと)に、「感謝(かんしゃ)<=ありがとうと思(おも)うこと>」と「応援(おうえん)<=がんばってと思(おも)うこと>」の気持(きも)ちを伝(つた)えたいと思(おも)います。そこで、みなさんから、病院(びょういん)や介護施設(かいごしせつ)などで毎日(まいにち)頑張(がんば)って働(はたら)いている人(ひと)への寄附(きふ)のお金(かね)を集(あつ)めます。これは、1月(がつ)18日(にち)から始(はじ)まっています。詳(くわ)しいことは豊田市(とよたし)のホームページ(ほーむぺーじ)で見(み)てください。協力(きょうりょく)をお願(ねが)いします。

もう1つは、「新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)のワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)」についてです。まだ、詳(くわ)しいことは決(き)まっていません。みなさんにワクチン(わくちん)を早(はや)く打(う)つことができるように準備(じゅんび)をしていきます。そのために、「ワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)推進(すいしん)チーム(ちーむ)」を作(つく)りました。これから、新(あたら)しい情報(じょうほう)が決(き)まったら、豊田市(とよたし)のホームページ(ほーむぺーじ)でみなさんに知(し)らせます。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になる人(ひと)がたくさん増(ふ)えて、とても危(あぶ)ない状況(じょうきょう)です。病院(びょういん)もとても大変(たいへん)な状況(じょうきょう)です。みんなで一緒(いっしょ)に頑張(がんば)りましょう。

「マスク(ますく)をつける」、「手(て)を洗(あら)う、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をする」「たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらない」ことを守(まも)ってください。

よろしくお願(ねが)いします。

(※)緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)…病気(びょうき)になる人(ひと)がたくさん増(ふ)えたり、みなさんの生活(せいかつ)があぶない時(とき)に政府(せいふ)が発表(はっぴょう)する大事(だいじ)なお知(し)らせ

令和(れいわ)3年(ねん)1月(がつ)20日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。