新型コロナウイルス感染症対策強化月間における豊田市長からの動画メッセージ 7回目(令和3年1月14日)

ページ番号1041445  更新日 2021年1月14日 印刷

1月14日 市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。本日は1月14日、木曜日です。豊田市の新型コロナウイルスの状況をお伝えします。

本日、愛知県の緊急事態措置が示されました。不要不急の外出自粛、特に午後8時以降の自粛の徹底、飲食店等の営業時間の短縮などです。午後8時以降の自粛とありますが、これは決して日中なら大丈夫というわけではありません。人が集まるところ、飛沫が飛び交うところは、昼間であろうと夜間であろうと、少人数であろうと大人数であろうと、感染のリスクは変わりませんので、よろしくお願いいたします。

最新の感染動向についてお伝えします。1月13日時点で累計854人となっています。うち、入院中が157人、治療完了が690人です。次に、新規感染者の推移です。12月28日から1月3日は、検査件数も少なかったですし、新規感染者数も減りました。しかしながら、正月明け1月4日から10日は、検査件数も伸びましたし、新規感染者も増えています。

次に、人口10万人当たりの新規感染者数の比較です。愛知県の中には今38市ありますが、12月28日から1月3日と1月4日から1月10日までをそれぞれ比較しています。人口10万人あたりの新規感染者数は、いずれの週も豊田市は多い市から数えて18番目に位置しています。つまり、豊田市の感染者数は、人数自体は多いですが、人口10万人あたりで比較しますと、愛知県の中では中間あたりに位置しています。ただし、愛知県の平均を上回ってきているので注意が必要です。この中間あたりに位置しているのをどう評価するかですが、私は豊田市の多くの皆さんが、マスクの着用や手洗いなど基本的なことに取り組んでいただいている成果だと捉えています。しかしながら、緊急事態宣言が出ている愛知県の中間ですので、いずれにしても多いです。より一層の注意が必要です。

今日は、「だろう」と「かもしれない」ということについてお話します。私は感染していないだろう、家族は感染していないだろうという意識であれば、マスクをする、手洗いをするという行動に移りません。もしかしたら自分は感染しているかもしれない、家族の中に感染している人がいるかもしれない、そういう発想をすることによって、感染しない、感染させないということにつながると思います。

もしかしたら私は感染しているかもしれない。だから、しっかりマスクを着用し、飛沫飛散を防止し、他人からの感染を防ごう、手洗い・手指の消毒を徹底しよう、3密の回避をしよう、という行動に結びつくと思っています。「だろう」ではなく、「かもしれない」。ぜひこのことに心がけていただきたいと思います。

最後に、今回の緊急事態宣言の発出を受けて、豊田市では新たな取組を進めます。「感謝」と「希望」の支援策です。
「感謝」については、エッセンシャルワーカー、特に医療従事者、介護や高齢者施設など、昼夜を問わず新型コロナウイルスの最前線で働いている皆さんに対して、改めて感謝の気持ちを示したいと思います。そのために、今回「新型コロナウイルス最前線応援寄付金」という取組を始めます。来週から3月末まで、ぜひ市民の皆さんの寄付金をお願いします。その寄付金を市内の地産地消の商品に変えて、それを最前線で戦っている皆さんにお届けしたいと思います。

合わせて、自粛生活を継続しなければいけない中で、希望をもって様々な取組をしたいと思います。そうした「希望」の取組を3つ進めていきます。1つは、「おめでとう新生児お祝い金」です。豊田市では新しく生まれてきた子どもに対し、1人あたり10万円をこの4月1日までお支払いすることとしています。4月2日以降に生まれた子への対応について、今回の緊急事態宣言の発出を受けて、「おめでとう新生児お祝い金」として1人10万円の取組を進めていきます。今年の4月2日から来年の4月1日までに生まれてきたお子さんへのお祝い金です。

次に、「テレワーク利用促進補助金」についてです。テレワークがどんどん定着しつつあります。テレワークそのものに馴染めない方も多くいると聞いています。1つのアイデアとして、テレワークの場所を市内ホテルや旅館で過ごしてみる、そういうテレワークをやってみませんか、という提案です。市がホテルや旅館に補助金を出しますので、それが活用された安いプランが提供されますので、ぜひご利用ください。

そして、SIBという民間の資金を活用して様々な取組をします。今回は介護予防事業です。
このように、1つ目は新しく生まれてきた子どもたち、2つ目は現役で活躍している皆さん、3つ目は高齢者の皆さん。それぞれのライフステージに応じた希望が持てる取組を進めていきます。

新型コロナウイルス、新たな緊急事態宣言の発出を受け、もう一度感染症拡大予防に一緒に取り組みたいと思います。
よろしくお願いいたします。

令和3年1月14日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)が急(きゅう)に増(ふ)えたため、昨日(きのう)、新(あたら)しく政府(せいふ)から愛知県(あいちけん)に「緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)(※)」が出(で)ました。

愛知県(あいちけん)は、みなさんに、必要(ひつよう)がなければ外(そと)に出(で)ないこと、特(とく)に夜(よる)の8時(じ)を過(す)ぎてからは、外(そと)に出(で)ないことをお願(ねが)いしています。また、食事(しょくじ)をする店(みせ)に、店(みせ)を早(はや)く閉(し)めたり、休(やす)むようにお願(ねが)いしています。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)の人(ひと)が増(ふ)えないようにするために、みなさんの協力(きょうりょく)をお願(ねが)いします。

「新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)」の新(あたら)しい情報(じょうほう)を伝(つた)えます。
豊田市(とよたし)で、1月(がつ)13日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、合計(ごうけい)854人(にん)です。入院(にゅういん)している人(ひと)は157人(にん)、病気(びょうき)が治(なお)った人(ひと)は690人(にん)、亡(な)くなった人(ひと)は7人(にん)です。

次(つぎ)に、1月(がつ)4日(にち)から1月(がつ)10日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)についてです。この1週間(しゅうかん)で、はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は、110人(にん)です。これまでで一番(いちばん)多(おお)いです。これから病気(びょうき)になる人(ひと)がどれだけ増(ふ)えるのかわかりません。とても危(あぶ)ない状況(じょうきょう)だと思(おも)います。

20歳(さい)から59歳(さい)の人(ひと)が増(ふ)えています。はじめて新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)の数(かず)の70%くらいです。
どこで新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になったかは、「家族(かぞく)からうつった」人(ひと)と、「わからない」人(ひと)が増(ふ)えています。夜(よる)の「食事会(しょくじかい)」で病気(びょうき)になった人(ひと)だけではなく、昼(ひる)のカラオケ(からおけ)や食事会(しょくじかい)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)もいます。みんなが集(あつ)まって、マスク(ますく)を外(はず)して話(はなし)をしたときに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になると思(おも)います。

みなさん、これからも新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)に気(き)をつけてください。特(とく)に家(いえ)の中(なか)で、家族(かぞく)の人(ひと)にうつさないように気(き)をつけてください。家族(かぞく)の人(ひと)に会(あ)う前(まえ)には、次(つぎ)の3つのことをしっかり守(まも)ってください。

1つ目(め)は、マスク(ますく)をつけることです。マスク(ますく)をつけるとウイルス(ういるす)が遠(とお)くに飛(と)びません。また、他(ほか)の人(ひと)からの新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)を防(ふせ)ぐことができます。

2つ目(め)は、手(て)を洗(あら)うことと、手(て)と指(ゆび)の消毒(しょうどく)をすることです。手(て)についたウイルス(ういるす)を減(へ)らすことができます。また、ウイルス(ういるす)がついた手(て)で他(ほか)のところを触(さわ)らないようにしましょう。

3つ目(め)は、たくさんの人(ひと)で集(あつ)まらないことです。マスク(ますく)で防(ふせ)ぐことができないウイルス(ういるす)を吸(す)わないためです。また、体(からだ)にウイルス(ういるす)がつかないようにするためです。
「飲(の)み会(かい)」、「たくさんの人(ひと)が集(あつ)まる、長(なが)い時間(じかん)の食事会(しょくじかい)」、「マスク(ますく)をしないで話(はな)す」、「狭(せま)い場所(ばしょ)で一緒(いっしょ)に暮(く)らす」、「場所(ばしょ)が変(か)わる」、この、5つの場面(ばめん)にも気(き)をつけてください。

あなたとあなたの大切(たいせつ)な人(ひと)の命(いのち)を守(まも)りましょう。もしかしたら、あなた自身(じしん)やあなたの家族(かぞく)、友達(ともだち)も新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になるかもしれないと、考(かんが)えてみてください。そして、「自分(じぶん)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならない・ほかの人(ひと)に病気(びょうき)をうつさない」ようにしてください。

豊田市(とよたし)は、「緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)(※)」が出(で)たため、市(し)の施設(しせつ)を使(つか)うことや行事(ぎょうじ)について、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないための取組(とりくみ)をします。また、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になる人(ひと)が増(ふ)える中(なか)で、頑張(がんば)っている人(ひと)や、困(こま)っている人(ひと)を応援(おうえん)します。「感謝(かんしゃ)<=ありがたいと思(おも)うこと>」「希望(きぼう)<=望(のぞ)み>」を持(も)って4つの新(あたら)しいことに取(と)り組(く)みます。詳(くわ)しい内容(ないよう)は豊田市(とよたし)のホームページ(ほーむぺーじ)を見(み)てください。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)はとても怖(こわ)い病気(びょうき)です。一緒(いっしょ)に頑張(がんば)りましょう。よろしくお願(ねが)いします。


(※)緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)…病気(びょうき)になる人(ひと)がたくさん増(ふ)えたり、みなさんの生活(せいかつ)があぶない時(とき)に政府(せいふ)が発表(はっぴょう)する大事(だいじ)なお知(し)らせ

令和(れいわ)3年(ねん)1月(がつ)14日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。