新型コロナウイルス感染症対策強化月間における豊田市長からの動画メッセージ 2回目(令和2年12月9日)

ページ番号1040988  更新日 2020年12月11日 印刷

市長の動画メッセージ

豊田市長の太田です。
豊田市では、今月12月と来年1月を「新型コロナウイルス感染症対策強化月間」としています。その一環で最新の情報をお知らせします。

本市の新型コロナウイルスの感染者は、12月8日時点で累計468人で、感染者数は減少傾向になります。この468人というのは、かなり大きい数字ですが、人口10万人あたりで見ますと、110人ほどです。それに対して、愛知県全体では人口10万人あたり154人です。つまり、愛知県全体では豊田市の約1.4倍の感染者が発生しているという状況です。この状況をどう見るかということですが、私は、豊田市民の皆様が感染症対策にしっかり取り組んでいただいているからだと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

新規感染者数については、10月の後半以降、右肩上がりで増えてきていますが、最近は減少傾向にあります。この減少傾向が今後も続くかどうかは分かりませんが、気を緩めずにしっかりと感染症対策を継続することが必要だと思います。ちなみに、クラスターの発生はありません。なお、先週お一人亡くなられています。80歳代の基礎疾患のある方です。お悔み申し上げます。

次に、過去の1週間の感染動向についてです。
特徴的なのは、10代~30代の皆さんが増加傾向にあります。また、「家族」、「職場」における感染が増えているということです。つまり、活発に動かれる10代~30代の方が外で感染され、家庭や職場に持ち込まれ感染が拡がるという傾向だと思います。

何よりも大切なのは、「感染しない・させない」ことです。一人ひとりがこの意識を強く持ち続けることが大切です。咳エチケットの徹底、まめに手洗い・手指の消毒、この基本を忘れないでください。

加えて、感染リスクが高まる「5つの場面」、これを改めて確認したいと思います。1つ目の飲食に伴う懇親会等、2つ目の大人数や長時間の飲食について、こうした場面はマスクなしで飛沫が飛び交う状況を作りますので、特に注意が必要です。ただ、「飲食」や「長時間の飲食」だけを気を付ければいい訳ではなく、日常生活の中でもマスクなしの会話、こうしたところからも感染が拡がるという報告もありますので、ぜひご注意いただきたいです。また、「狭い空間での共同生活」、「居場所の切り替わり」についても注意が必要です。「居場所の切り替わり」とは、例えば職場内ではマスクをして、注意して仕事をしていても、休憩時間やたばこを吸いに行くときなど、そういう時に気の緩みが生じ、感染しやすくなると指摘されています。ぜひ、「この5つの場面」、日常生活の中で具体的に思い浮かべていただき、感染症対策に取り組んでいただきたいと思います。

これから寒くなります。これからも、ぜひ「感染しない・させない」ことに注意して、この新型コロナウイルスを何としても乗り切りましょう。
よろしくお願いいたします。

令和2年12月9日

豊田市長 太田 稔彦

豊田市長(とよたしちょう)からの動画(どうが)メッセージ(めっせーじ)【やさしい日本語版】

豊田市(とよたし)は、2020年(ねん)12月(がつ)と2021年(ねん)1月(がつ)を新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)に特(とく)に注意(ちゅうい)する期間(きかん)としています。新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になる人(ひと)が増(ふ)えないように、毎週(まいしゅう)水曜日(すいようび)に、わかりやすい情報(じょうほう)を出(だ)します。

はじめに、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)についてです。

豊田市(とよたし)で12月(がつ)8日(にち)までに新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は合計(ごうけい)468人(にん)です。新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)は10月(がつ)のおわりから11月(がつ)のおわりまで増(ふ)えましたが、そのあとは減(へ)っています。

しかし、12月(がつ)3日(にち)に、豊田市(とよたし)で初(はじ)めて、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になって死(し)んだ人(ひと)がいます。その人(ひと)はほかの病気(びょうき)がある高齢(こうれい)の人(ひと)です。

みなさんは、まだ安心(あんしん)しないでください。新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならないための取組(とりくみ)を続(つづ)けてください。

次(つぎ)に、11月(がつ)30日(にち)から12月(がつ)6日(にち)の1週間(しゅうかん)で新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になった人(ひと)についてです。
10歳(さい)から39歳(さい)までの新型(しんがた)コロナウイルスの病気(びょうき)になった人(ひと)が増(ふ)えています。

どこで病気(びょうき)になったのかについては、「わからない」人(ひと)が一番(いちばん)多(おお)いです。

「家族(かぞく)」「働(はたら)く場所(ばしょ)」が増(ふ)えています。クラスター(くらすたー)は起(お)きていません。

高齢(こうれい)の人(ひと)やほかの病気(びょうき)がある人(ひと)が、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になって、重(おも)い症状(しょうじょう)になることが増(ふ)えています。あなたのまわりに高齢(こうれい)の人(ひと)やほかの病気(びょうき)がある人(ひと)がいたら、特(とく)に注意(ちゅうい)してください。

みなさん、5つの場面(ばめん)、「たくさんの人(ひと)がいたり、長(なが)い時間(じかん)の食事会(しょくじかい)」などに気(き)をつけてください。特(とく)にマスク(ますく)をしないときに気(き)をつけてください。マスク(ますく)はかならずしてください。

「自分(じぶん)が新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)にならない・ほかの人(ひと)に病気(びょうき)をうつさない」ように、気(き)を付(つ)けましょう。

令和(れいわ)2年(ねん)12月(がつ)9日(にち)

豊田市長(とよたしちょう) 太田(おおた) 稔彦(としひこ)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。