厚生労働省が「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の運用を開始しました

ページ番号1038691  更新日 2020年6月23日 印刷

厚生労働省がスマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を使って新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性を通知する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の運用を2020年6月19日から開始しました。

この接触確認アプリが広く活用されることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

アプリの概要、インストール方法、利用規約、利用者向けQ&A、プライバシーポリシーなどは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

関連資料

(厚生労働省リーフレット)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?