配偶者や親族からの暴力(DV)を理由に避難している方の特別定額給付金の手続きについて

ページ番号1038064  更新日 2020年5月13日 印刷

配偶者や親族からの暴力(DV)を理由に避難している方の特別定額給付金の手続きについての情報を掲載します。

該当条件

配偶者や親族からの暴力を理由に避難し、基準日(令和2年4月27日)時点で住民票が豊田市に住民票を移すことができない方は、下記のいずれかに該当する場合に、必要な手続きをしていただくと、特別定額給付金をお受け取りいただけます。

  1. 配偶者からの身体的暴力・脅迫等を受けたことにより、裁判所からの保護命令が出されている人(同伴者は、接近禁止命令が出されている人)
  2. 婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されている人
  3. DV被害者支援団体による直接的支援(保護または面談)を受けている人
  4. 令和2年4月28日以降に、住民基本台帳事務における支援措置を受けて、住民異動(転入・転居)の届出をした人

支給市町村変更の受付窓口等

受付窓口

豊田市 福祉部 総務監査課 (東庁舎1階)
電話:0565-34-6706
時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

受付窓口で手続きを行ってください。
ただし、本人からの申出が困難である場合は、日頃から支援している民間支援団体による代理申出が可能です。

持参するもの

  1. 本人及び同伴者の本人確認書類
    (写真付きの確認書類があれば1点、写真付きの確認書類がない場合は2点必要です。)
  2. 住民票と異なる住所に居住していることを確認できる書類
    (アパートの賃貸契約書、公共料金等の請求書 等)
  3. 配偶者からの暴力を理由に避難している事実が確認できるもの
    • 婦人相談所又は配偶者暴力相談支援センターが発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
    • 保護命令決定書の謄本又は正本

関連資料 

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?