新型コロナウイルス感染症に関する豊田市長からのメッセージ

ページ番号1037577  更新日 2020年5月16日 印刷

昨日5月14日(木曜日)、全国39県において新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が解除され、「特定警戒都道府県」に指定されていた愛知県も解除の対象となりました。
「緊急事態宣言」の期間中、医療現場の最前線で献身的に対応してくださった医療従事者の方はもとより、外出自粛を始めとする様々な規制や、感染拡大防止対策などにご協力いただいたすべての市民のみなさまに、心より感謝を申し上げます。
市民のみなさまのお気持ちとしては、様々な規制や自粛が緩和されるのではないかという期待感と、一方で、「緊急事態宣言」の解除が早まったこともあり、感染が再度拡大しないかという不安感が入り混じっていることと思います。
本市といたしましては、豊田市の立場で「市民のみなさまの『命』と『暮らし』と『経済』を守り抜く」ことを最大の使命と自覚し、引き続き感染拡大防止を最優先としながらも、慎重かつ段階的にではありますが、「新しい生活様式が定着した日常生活と社会経済活動との両立」に向け、豊田市としての第一歩を踏み出してまいります。

ここで市民のみなさまへのお願いです。
大切なことは、今ここで時間を巻き戻さないことです。ひとたび集団感染などが発生すれば、再び徹底した行動制限など厳しい対応に戻らざるを得なくなります。
「withコロナ」=「コロナとともに生きていく社会」においては、市民のみなさまが暮らしのあらゆる場面で「新しい生活様式」を実践し、感染拡大防止の徹底を図っていただくことが大切であり、それが社会経済活動に必要不可欠な基盤となります。
具体的には、手洗いや咳エチケット、人と人との距離の確保など、基本的な感染予防対策を含めた「新しい生活様式」を日常生活に組み込み、新たな日常生活として、それぞれの生活の標準としてください。
引き続き、気を緩めることなく確実な歩みを積み重ねていくことができますよう、市民のみなさまとともに行動してまいります。
また、これから蒸し暑い時期を迎えます。感染予防対策としてのマスク着用の機会が多くなっている一方で、マスク着用により体の熱がこもりやすくなり、熱中症になるリスクが高まります。
マスク着用時は「普段よりこまめに休憩をとる」「暑い場所では少しでも活動時間を短くする」「マスクを外して水をしっかり飲む」などの対策をぜひ実践してください。
新型コロナウイルス感染症と熱中症の予防対策を同時に行い、いずれも市民のみなさまとともに乗り越えていきたいと思います。

令和2年5月15日 豊田市長 太田稔彦

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 秘書課
業務内容:式典、市表彰、都市提携、危機管理などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎5階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-31-1212 ファクス番号:0565-33-7155
お問合せは専用フォームをご利用ください。