新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センターの設置について

ページ番号1036426  更新日 2020年3月17日 印刷

新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センターについての説明です。

新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる方が、診療体制等の整った医療機関で確実に受診できるよう、電話による相談窓口として、豊田市保健所に「帰国者・接触者相談センター」を設置します。

名称
帰国者・接触者相談センター
開設日
令和2年2月12日(水曜日)
受付時間
午前9時~午後5時まで(土曜日・日曜日、祝日を除く)
電話番号
0565-34-6586(専用電話)
相談対象者
以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
    (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

受付時間外の相談は、代表電話(0565-31-1212)で聞き取りを行ったうえ、対象者に該当する場合は保健所職員へ連絡します。

専用電話は回線数に限りがあり、必要な方への対応ができなくなる恐れがあるため、対象者以外の方は帰国者・接触者センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

なお、愛知県からも県下保健所に設置する「帰国者・接触者相談センター」に関する情報提供が行われています。

また、豊田市内の対象者以外の方の相談窓口は「新型コロナウイルス感染症の電話相談窓口の開設について」ページを参照ください。

市民の皆様へ

咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなど、事前に医療機関へ連絡したうえで、速やかに受診するようにしてください。なお、受診の際は、感染を拡げないために公共交通機関等の利用を避けるようにしてください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。