静岡市への応急給水支援活動

ページ番号1051312  更新日 2022年9月30日 印刷

静岡市では、台風15号による大雨等により、取水施設などの水道施設が被害を受け、静岡市清水区のほぼ全域にわたる大規模な断水(断水戸数63,000戸)が発生し、清水区内の公共施設13か所、小学校17校はじめ 41か所で給水車等による応急給水が行われました。

応急給水は公益社団法人日本水道協会の災害協定により、静岡県内外の20の自治体(水道事業者)により実施されました。
豊田市上下水道局では、県内の、名古屋市、岡崎市、刈谷市とともに、25日(日曜日)から、給水車1台と4名の職員を現地に派遣しました。
派遣期間は、9月25日(日曜日)から9月28日(水曜日)までで、4人1班体制で、2班の派遣を行いました。

1 派遣期間

令和4年9月25日(日曜日)~9月28日(水曜日)

(備考)公益社団法人日本水道協会愛知県支部より要請のあった期間

2 派遣期間と派遣職員数

第1班 令和4年9月25日(日曜日)から9月27日(火曜日) 4人
第2班 令和4年9月27日(火曜日)から9月28日(水曜日) 4人

3 現地での活動内容

2t給水車1台により、指定された給水所にて市民への応急給水を実施

応急給水活動時間 午前7時~午後10時
応急給水場所 清水船越小学校(静岡県静岡市清水区)

連日、活動開始時間には多くの市民が並んで待っている状況でした。

4 派遣の経緯

台風15号により被害を受け、静岡市清水区内で大規模な断水が発生し、公益社団法人日本水道協会中部支部と中部支部内の各県支部間で締結された災害時の相互応援に関する協定に基づき、日本水道協会の愛知県支部を通じて令和4年9月24日午後6時ごろに豊田市上下水道局に災害支援の要請がありました。
翌日午前6時には派遣職員を参集させ、午前7時には出発式を行った後、派遣隊が現地に向け出発しました。
派遣隊は、9月25日正午には現地到着し、すぐに応急給水支援活動を開始しました。
その後、4日間に及ぶ応急給水支援活動を行いましたが、28日午後6時ごろ愛知県支部より要請終了の連絡を受け、派遣隊は9月28日午後9時をもって応急給水支援活動を終了し、9月29日に帰庁しました。

【出発式の様子】

市役所での出発式

派遣職員


【派遣車両】

給水車


【現地での応急給水支援活動】

夜間、給水する様子

ペットボトルに水を入れる


給水を手伝う派遣職員

給水車に並ぶ人たち


給水車から水を入れる様子

給水車から水を入れる職員

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

上下水道局 総務課
業務内容:工事などの契約、広報・広聴、工事の検査、技術指導など上下水道局の庶務全般に関すること
(「水道料金・下水道使用料、上下水道の使用開始・中止の受付、検針などに関すること」は、料金課にお問合せください)
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6653 ファクス番号:0565-36-5529
お問合せは専用フォームをご利用ください。