【成年後見制度】診断書・本人情報シートの運用

ページ番号1031673  更新日 2019年6月21日 印刷

成年後見制度の利用に向けた申立に必要となる「診断書」と「本人情報シート」についての案内です。

内容

成年後見制度を利用するためには、家庭裁判所に提出する書類の一つとして、「診断書」が必要になります。
また、2019年4月より、日頃から本人を支える福祉関係者(注釈)が、本人の日常生活・社会生活の状況に関する情報を記載して医師に伝えるための書式として、「本人情報シート」が新たに設けられました。

(注釈)ケアマネジャーや障がい相談支援専門員、病院・施設の相談員、地域包括センター、成年後見支援センター、市のケースワーカーなど

運用

以下の流れに沿って、「診断書」と「本人情報シート」を作成します。(原則)

  1. 豊田市成年後見支援センターから、本人・家族に必要書類を渡します。
  2. 本人・家族から福祉関係者に、「本人情報シート」の作成を依頼します。
  3. 福祉関係者は、本人の家庭的・社会的状況等に関する情報を分かる範囲で記載します。
  4. 福祉関係者から本人・家族に、情報が記載された「本人情報シート」を返却します。
  5. 本人・家族から医師・医療機関に、記載された「本人情報シート」と「診断書(未記載)」をセットにして、「診断書」の作成を依頼します。
  6. 医師は、「本人情報シート」に記載された患者の家庭的・社会的状況等に関する情報を参考に「診断書」を作成します。
  7. 医師・医療機関から本人・家族に、作成した「診断書」と提供を受けた「本人情報シート(原本)」をセットで、患者に交付します。

(備考)ご本人やご家族だけでは対応が難しい場合、豊田市成年後見支援センターが寄り添って支援しますので、いつでもご相談ください。

様式等

豊田市成年後見支援センターで配布している書類です。必要に応じて、ダウンロードしてお使いいただけます。

診断書関係

本人情報シート関係

作成の手引き

問合せ先

豊田市成年後見支援センター
〒471-0877 豊田市錦町1丁目1番地1 豊田市福祉センター2階
電話(0565-63-5566)、ファクス(0565-33-2346)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?