たんころりん(8月上旬~中旬)

ページ番号1005330  更新日 2019年9月5日 印刷

『たんころりん』とは、竹かごと和紙で作った円筒形の行灯のことです。足助では、毎年8月の夜に古い町並み(約1.3キロ)の街道沿いに『たんころりん』を並べ、和紙を通した炎のあかりで暗がりの町並みを照らします。
平成14年から始まった小さなイベントが、住民の方々の協力を得て広がり、今では『たんころりん』の数も700基を超え、足助の夏の風物詩として豊田市内外の方々に親しまれるようになりました。
このシンプルな行灯からもれるあかりは、柔らかく揺らぎ、見る者に懐かしさや安堵感を与えてくれます。足助の町並みで、情緒ある風情をお楽しみください。

とき
8月上旬~中旬
ところ
足助の町並み(豊田市足助地区)
問合せ
足助観光協会(電話 0565-62-1272)
詳しくは関連情報のリンクを参照ください。

写真:たんころりん1

写真:たんころりん2

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 足助支所
業務内容:庁舎内には、地域建設課、森林課、地域保健課東部地区担当、農地整備課地域担当、文化財課足助分室、上水運用センター足助分室、豊田市水道サービス協会足助分室、おいでん・さんそんセンター、とよた山里ホールディングスがあります。
〒444-2424 
愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-62-0600 ファクス番号:0565-62-0606
お問合せは専用フォームをご利用ください。