• ニュース
  • RWC2019開催準備
  • 愛知・豊田ラグビー情報
  • 愛知・豊田の魅力
  • 豊田スタジアム
  • ラグビーを知ろう
  • FAQ

現在位置:  トップページ > RWC2019開催準備 > チームキャンプ地情報


ここから本文です。

チームキャンプ地情報

ページ番号4000073  更新日 2018年4月23日 印刷

ラグビーワールドカップ2019 3チームの公認チームキャンプ地に内定

平成30年4月20日(金曜日)に、ラグビーワールドカップ2019組織委員会から、ラグビーワールドカップ2019TM公認チームキャンプ地の内定状況が発表され、豊田市は、ウェールズ代表チーム、アフリカ地区代表チーム、イタリア代表チームの公認チームキャンプ地に内定しました。
今後、ラグビーワールドカップ2019組織委員会と豊田市が公認チームキャンプ地契約を締結し、正式な決定となります。

滞在チーム

ウェールズ代表チーム、アフリカ地区代表チーム、イタリア代表チーム

滞在チームの豊田スタジアムでの試合予定

キャンプ

市長コメント

・開催都市の強みから、県内最多の3チームを受け入れることになり、大変光栄です。

・チームが万全の体制で試合に臨めるよう、最高の環境を提供することで、豊田スタジアムでの試合及びおもてなしが、

 日本の中で最も「熱かった」「感動した」と多くの方に感じていただくことを目指してまいります。

その他

公認チームキャンプ地に関する具体的なトレーニング施設、宿泊施設及び滞在期間は、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の依頼により、非公開となっています。

公認チームキャンプ地応募状況

「公認チームキャンプ地」とは、宿泊施設及び 練習グランド、ジム、プール、屋内練習場の4 種類のトレーニング施設で構成された大会期間中にチームが練習・調整を行うために滞在するキャンプ地です。
滞在期間は試合日程により各チームによって異なりますが、概ね各チームの初戦の10日前から滞在することとなります。
「公認チームキャンプ地選定プロセス」は2016年5月に発表され、12月22日に応募受付が終了しています。
応募件数:76件
応募自治体数:全国37都道府県にまたがる合計90自治体

愛知県内の応募自治体状況

豊田市をはじめ、様々な自治体が応募しています。

・豊田市
・名古屋市
・豊橋市
・一宮市

スケジュール

2017年1月から4月 ラグビーワールドカップ2019組織委員会による実地審査
2017年夏以降 公認チームキャンプ候補地が決定。
決定後、各チームによる実施視察
2018年春以降に順次、公認チームキャンプ地が決定予定

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問合せ

経営戦略部 ラグビーワールドカップ2019推進課
業務内容:ラグビーワールドカップ2019及びこれに関連する施策の総合調整に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6786 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。





Copyright © 2017 Toyota city All rights reserved.