• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 今日の写真 > 足助伝統的建造物群保存地区に 町並みの景観に配慮した収納箱に収納した消火器を設置


ここから本文です。

足助伝統的建造物群保存地区に 町並みの景観に配慮した収納箱に収納した消火器を設置

ページ番号1022468  更新日 2017年12月28日 印刷

写真 町並みの景観に配慮した収納箱に収納された消火器

豊田市は、豊田市足助伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の区域内34か所に町並みの景観に配慮した収納箱に収納した消火器を12月11日(月曜日)~12月21日(木曜日)にかけて設置しました。

この消火器は、同地区の火災や地震、土砂災害に関する状況をまとめ、中長期的な対策等を示した「豊田市足助伝統的建造物群保存地区防災計画(平成29年3月)」に基づき、火災に脆弱な古い町並みを守るため、住民が誰でも使える初期消火設備として設置することになりました。収納箱のデザインや設置場所などは、「足助まちづくり推進協議会防災部会」で検討を重ね決定しました。

足助まちづくり推進協議会防災部会の部会長は、「木製の収納箱は木造の建物の多い足助の町並みに合わせました。今まで、消火栓しかなく、消火栓を使っての消火活動は女性や高齢者にとって難しかったのですが、消火器を設置したことで、誰でも簡単に初期消火を行えるようになりました。消火器の設置をきっかけに、これまで以上に地域住民の防災意識を高めていきたいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

豊田市役所
〒471-8501 豊田市西町3丁目60番地
電話番号:0565-31-1212 ファクス番号:0565-33-2221



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る