• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 市民活動 > 市民活動促進条例が制定されました


ここから本文です。

市民活動促進条例が制定されました

ページ番号1005237  更新日 2017年5月12日 印刷

平成18年度、豊田市では、「共働によるまちづくり」のパートナーであるNPO団体・自治区等の市民活動団体を応援・支援し、市民活動がさらに活発になるためのしくみとして「市民活動促進条例」を制定しました。
自由で柔軟な発想による多様な市民活動は、まちづくりの大きな力です。市民・市民活動団体・市が共に市民活動を活発にし、共働によるまちづくりを進めます。

画像:豊田のまちの活性化についてのイラスト

「市民活動」とは

市民活動とは、市民が行う、営利を目的とせず、自主的に行う公益的な活動のことです。

「市民活動団体」とは

自治区、コミュニティ会議などの地域で活動する団体、NPO・ボランティア団体、NPO法人などの特定の分野やテーマについて活動する団体など、市民活動を行うことを主たる目的とする団体が、「市民活動団体」です。

豊田市の状況

豊田市は自治区(301団体)、地区コミュニティ会議(28団体)などが中心となり、地域での市民活動が活発に行われています。
また、NPO・ボランティア団体(270団体以上)、NPO法人(60法人以上)等が様々な分野やテーマでの市民活動を展開しています。
行政では「行政経営戦略プラン」において、平成14年から16年に「市民と行政のパートナーシップ(共働)の推進」として、42事業が実施されました。平成17年から21年では54事業が実施・計画されています。

「共働によるまちづくり」これまでの取組

1 市の取組・審議会等の提言

市の取組

  1. 平成13年6月「行政経営システム」の策定
    「市民と行政の共働によるまちづくり」を市政運営の柱に位置付け
  2. 平成13年10月「とよた市民活動センター」設置
    市民が行う市民活動の発展のため「とよた市民活動センター」を設置

審議会等の提

  1. 平成14年10月「市民と行政の協働の推進に関する提言」
    豊田市社会貢献活動促進協議会
  2. 平成16年1月「分権型社会の自治や市民参加のあり方について(答申)」
    行政経営懇話会

3 平成17年10月

「まちづくり基本条例」・「地域自治区条例」施行

4 平成19年4月

「市民活動促進条例」施行

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

とよた市民活動センター
〒471-0026
愛知県豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE9階(松坂屋上階)(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-36-1730 ファクス番号:0565-34-0015
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る