• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報


ここから本文です。

地域再生計画

ページ番号1007573  更新日 2015年6月12日 印刷

豊田市では、平成17年6月に藤岡地区を計画区域とした地域再生計画「とよた藤岡アメニティ交流再生計画」の認定を受けました。本計画は、汚水処理施設整備交付金を活用して公共用水域の水環境の改善を図るとともに、河川愛護活動等を推進することで地域住民の交流促進を目指し、地域の活性化を図るものです。

とよた藤岡アメニティ再生交流計画

豊田市では、平成17年6月に藤岡地区を計画区域とした地域再生計画「とよた藤岡アメニティ交流再生計画」の認定を受けました。

1 計画概要

画像:地域再生計画区域 藤岡地区
地域再生計画区域 藤岡地区

藤岡地区は、矢作川の中流域に位置し、水辺を利用したやな場や河川公園など川に触れあえる施設が数多くあり、バーベキューや鮎釣りなど市内外から多くの利用客が訪れています。また、旧豊田市域に隣接する良好な住宅地として人口が急増したものの、汚水処理施設整備が遅れ、区域を流れる河川の水質汚濁も進んでいます。本計画は、汚水処理施設整備交付金を活用して、公共下水道事業ならびに合併処理浄化槽設置事業をすすめ、良好な生活環境の確保ならびに矢作川をはじめとする公共用水域の水環境の改善を図るとともに、河川愛護活動等を推進することで地域住民の交流促進を目指し、地域の活性化を図るものです。

数値目標

【目標1】汚水処理施設の整備促進
藤岡地区の汚水処理人口普及率を63.0%に向上(現状56.4%)
【目標2】中小河川の水質維持・保全
御船川流域の水質改善:BOD3mg/l以下
【目標3】河川愛護活動の促進
藤岡地区の河川愛護活動の参加者数を約10%向上(約2,300人から約2,500人へ)

写真:西中山川での河川愛護活動
西中山川での河川愛護活動

写真:生活排水の流入
生活排水の流入により水質汚濁がすすむ

写真:川口やな(矢作川)
川口やな(矢作川)

2 事後評価

平成17年度から平成19年度の3年間で、公共下水道事業(下水道整備延長8,646メートル、下水道整備面積23ヘクタール)及び合併処理浄化槽設置事業(浄化槽設置数173基)を、計画通りに実施し、数値目標も下記表のとおり概ね達成できました。

基準年度:平成16年
指標 従前値
指標1:汚水処理人口普及率を63.0%に向上 56.4%
指標2:御船川流域の水質改善(BOD3mg/l以下) 1.1mg/l
指標3:河川愛護活動参加者を2,500人に増加 2375人
基準年度:平成19年
指標 実績値 事後評価
指標1:汚水処理人口普及率を63.0%に向上 63.4% ○(達成)
指標2:御船川流域の水質改善(BOD3mg/l以下) 1.1mg/l ○(達成)
指標3:河川愛護活動参加者を2,500人に増加 2572人 ○(達成)

総合評価と今後の方策

【総合評価】

  • 汚水処理施設整備交付金を活用し、藤岡地区(西中山)において公共下水道事業ならびに浄化槽設置事業を進め、良好な生活環境の確保ならびに矢作川をはじめとする公共用水域の水環境の改善を図ることができました。
  • また、官民共働で事業(官は下水道整備を実施、住民は河川愛護活動等を実施)を実施することにより、地域の水環境に対する意識の向上が図られました。

【今後の方策】

  • 藤岡地区での実施例を参考にして、他の地域についても官民共働で良好な生活環境の確保及び公共用水域の水環境の改善を図っていきます。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

上下水道局 下水道建設課
業務内容:下水道の整備計画・建設、受益者負担金に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6624 ファクス番号:0565-32-3171
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る