現在位置:  トップページ > 今日の写真 > 2017年6月 今日の写真 > 産直・直売シンポジウムinとよたが開催されました


産直・直売シンポジウムinとよたが開催されました

ページ番号1019660  更新日 2018年10月16日

写真 講演する株式会社産直新聞社の毛賀澤氏

2017年6月20日(火曜日)午後1時から、スカイホール豊田で農家や産直・直売関係者ら約70人が参加し、「産直・直売シンポジウムinとよた」が初めて開催されました。

シンポジウムの第1部では、株式会社産直新聞社の毛賀澤明弘(けがさわ あきひろ/代表取締役・編集長)氏が「これからの産直・直売はどうあるべきか」をテーマに、他市町村での取組や、直売所に求められていることなどについて講演を行いました。

また、生産者直売所アルプス市場の犬飼浩一(いぬかい こういち/代表)氏が、同市場が行っている品物を売り切るために生産者と話し合っていることや、表示ラベルを工夫していることなどについて、事例発表を行いました。

さらに、「産直・直売を農業振興にどう活かすか」をテーマに、市内直売所関係者ら5人がパネリストになり、産直・直売の抱える問題などについて意見交換を行いました。

第2部では、市内スーパー等が出荷者を募集するブースを設置し、新たな出荷先等を探す農家が市内スーパー等の担当者と交流しました。

講演の中で毛賀澤氏は、「産直、直売所は、繁盛する大型店と右肩下がりの中小規模店に二極化しており、安さよりも品質が求められています。品質・技術で差別化を図りながら、魅力的な品物を売る必要があります。」と話していました。

参加した30歳の農家の男性は、「品質、技術の差別化など、自分なりに意識して取り組んでいたことが必要だと聞き自信が持てました。データを分析しながら販売に取り組むことも必要であると感じました。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 市政発信課
業務内容:広報とよた、市勢ガイド、報道対応、CATV市政番組、ラジオ市政番組、市政記録映像、市ホームページ管理運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6604 ファクス番号:0565-34-1528
お問合せは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る