現在位置:  トップページ > 今日の写真 > 2017年6月 今日の写真 > とよたデカスプロジェクト2017採択企画 「限りないお茶の魅力は、ここにあり」が開催されました


とよたデカスプロジェクト2017採択企画 「限りないお茶の魅力は、ここにあり」が開催されました

ページ番号1019591  更新日 2018年10月16日

写真 お茶についての説明を聞く参加者

2017年6月9日(金曜日)、市民公募型の芸術企画「とよたデカスプロジェクト2017」のイベント「限りないお茶の魅力は、ここにあり」が、足助地区の東大見集会所で開催されました。

「とよたデカスプロジェクト」は、豊田市の「宝」(自然、歴史、町並み、建物、特産品、そこに暮らす人々やその営みなど)を参加者と共有したり、その魅力を市内外へ発信したりすることを目的としたアートプロジェクトの企画案を募集する公募制度です。

本日行われたこのイベントは、お茶の産地である豊田市の魅力を発信するため、「足助『暮らしのお茶』」をテーマに、日本茶インストラクターの中根めぐみさんが企画しました。参加者約50人は、足助地区で昔から飲まれている「寒茶(注釈)」や、生のお茶の葉を使った「生茶」、焼いたお茶の葉を使った「焼き茶」を、中根氏から説明を受けながら飲み比べていました。集会所の中には、昔使われていたお茶の道具が展示されており、参加者は興味深そうに見ていました。
また、集会所の外には、お茶を飲むスペースや手もみ体験のスペースが設置されており、参加者は森林に囲まれた中でお茶を思い思いに楽しんでいました。

(注釈)寒茶とは、寒の時期に採ったお茶の葉を使った番茶のこと。

参加者は、「最近は、ペットボトルのお茶も多い中、お茶の良さを知る良い機会になりました。」と話していました。イベントの主催者である中根めぐみさんは、「自然の中で、足助地区のお茶を楽しんでほしいです。このイベントに参加することで、足助地区のお茶「寒茶」について知ってほしいです。」と話していました。

このイベントは、11月にも猿投地区で開催される予定です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 市政発信課
業務内容:広報とよた、市勢ガイド、報道対応、CATV市政番組、ラジオ市政番組、市政記録映像、市ホームページ管理運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6604 ファクス番号:0565-34-1528
お問合せは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る