• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 報道発表資料 > 2016年7月(報道発表資料) > 市職員によるドローン飛行隊の発足について~ミライ・チャレンジ都市パートナーシップ事業の展開~


ここから本文です。

市職員によるドローン飛行隊の発足について~ミライ・チャレンジ都市パートナーシップ事業の展開~

ページ番号1015117  報道発表日 2016年7月12日 印刷

市はミライ・チャレンジ都市パートナーシップ企業の支援を受け、市職員によるドローン飛行隊を発足し、災害時や火災等の事故発生時の現場確認、日常時の撮影や施設点検等の行政業務において効果的にドローンを活用できる体制を整えます。
また、職員での運用によって得られた知見や活用方法等を、パートナーシップ企業の新たなビジネス展開や機体開発に活かしていきます。

飛行隊の発足

平成28年7月12日(火曜日)

ドローン飛行隊の概要(総員 23人)

詳細は資料をご覧ください

  1. 隊長:社会部 市民安全室長 増岡義弘
  2. 副隊長:消防本部 消防次長 児玉増夫
  3. 第1飛行班(防災飛行班)4人
    地震や水害等の災害発生時の現場確認、軽量な緊急物資の搬送
  4. 第2飛行班(消防飛行班)11人
    火災や事故等の発生時の現場確認、消防活動の支援
  5. 第3飛行班(撮影点検飛行班)6人
    日常業務での広報用写真の撮影、施設点検、湿地・公園等の状況確認

ミライ・チャレンジ都市パートナーシップ企業の支援

  1. ドローンパイロット養成のための操縦技術、関係法令、法手続き等の研修、指導
  2. 機体の提供(1機)

今後の予定

  1. 操縦技術習得のための飛行訓練、航空法等の関係法令、法手続き等の研修
  2. 初飛行は8月3日(水曜日)に矢作川(水源公園)で実施予定の水難訓練
    第1飛行班:水難訓練の現場確認 (注意)訓練の詳細は後日公表します
    第2飛行班:要救助者の捜索支援
    第3飛行班:水難訓練実施状況の撮影
  3. 今年秋には逢妻女川、逢妻男川において環境省と共同で実施を予定しているアカミミガメの分布状況と河川環境調査で、ドローンを活用することを検討中

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能な未来都市に関すること、環境モデル都市に関する啓発、アクションプランの推進・総合調整・推進体制の確立などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る