• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 報道発表資料 > 2015年10月(報道発表資料) > 全国・海外の動きと豊田市の森 森づくり構想シンポジウム


ここから本文です。

全国・海外の動きと豊田市の森 森づくり構想シンポジウム

ページ番号1011537  報道発表日 2015年10月26日 印刷

豊田市は平成17年度の市町村合併を契機に、平成19年3月に保水力など多面的機能の発揮を目指した「森づくり条例」、「100年の森づくり構想」を策定し、森づくりの取組みを進めてきました。「100年の森づくり構想」では100年先を見据えた森づくりの方向性とこの先概ね20年間の基本的施策を示しており、平成29年度には満10年の折り返し期を迎えるため、近年の課題や全国的動向を踏まえリニューアル・プロジェクトを立ち上げました。今回のシンポジウムはキックオフ・イベントとして、国内や海外の森づくりに詳しい専門家を招き、近年の動向について話を聞きます。

開催日時

平成27年11月17日(火曜日)午後1時から午後5時まで

開催場所

豊田市能楽堂

開催目的

  • 全国・海外の森づくりの事例紹介や豊田市の森づくりの評価を聞き、今後の森づくりの展開に生かしていきます。
  • 市民、県、国、市、森林組合、林業事業体など関係者が一堂に会し、森づくりについて議論することで、森づくりに対する機運を醸成します。

内容

  • 開会挨拶 太田稔彦(豊田市長)
  • 基調講演「森林・林業の新たな動向と市町村の森林管理」加藤鐵夫(元林野庁長官)
  • 報告1「豊田市の森林政策の到達点と今後の展望 ‐国内外の環境変化を視野に‐」相川高信(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 環境・エネルギー部主任研究員)
  • 報告2「地域の森づくりと森林行政」石崎涼子(国立研究開発法人 森林総合研究所 主任研究員)
  • パネルディスカッション コーディネーター:相川高信 パネリスト:加藤鐵夫、石崎涼子、原田裕保(豊田市産業部長)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 森林課
業務内容:林業の振興、後継者・関係団体の指導育成、林道及び森林の保全などに関すること
〒444-2424 
愛知県豊田市足助町宮ノ後19-5(足助支所地内)(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
保全・計画担当、森づくり担当 電話番号0565-62-0602
林道担当 電話番号0565-62-0607
ファクス番号:0565-62-0612
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る