• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 報道発表資料 > 2018年11月(報道発表資料) > 超小型電気自動車による低速無人回送の実証実験の開始について


ここから本文です。

超小型電気自動車による低速無人回送の実証実験の開始について

ページ番号1028188  報道発表日 2018年11月30日 印刷

豊田市つながる社会実証推進協議会(会長:太田稔彦 豊田市長)では、企業・大学と連携し、「誰もが安全で快適に移動できる仕組みづくり」に取り組んでいます。
その一環として、協議会構成団体の株式会社SOKEN、トヨタ自動車株式会社、トヨタ車体株式会社、公益財団法人豊田都市交通研究所とともに、超小型電気自動車(以下「超小型EV」という。)の低速無人回送の実証実験を開始します。
本実験は、現在普及が進むカーシェアリングサービスに必要な機能として期待が高い「低速無人回送技術(※1)」を搭載した試験車両で行います。
この実験を通じて、利用者の利便性や回送に関する技術課題の抽出と、事業者の運行管理の効率化などの検証を行います。
また、本市としても、本取組を「近未来技術等社会実装事業(※2)」に位置付け、無人回送技術の実装に必要な環境整備へとつなげていきます。

(※1)低速無人回送技術
利用者の指示に基づき、「車両待機場所から乗車位置」及び「降車位置から車両待機場所」までの間を、超小型EVが歩行程度の低速にて、自律的に走行する技術

(※2)近未来技術等社会実装事業
国が近未来技術を活用した地方創生に関する提案を地方公共団体から募集し、優れた事業について関係府省庁が総合的に支援する事業。本市は、今年8月に選定

超小型EV低速無人回送の実証実験公開デモ

日時

平成30年12月13日(木曜日)午後1時~2時(雨天時:12月14日(金曜日))

場所

とよたエコフルタウン(豊田市元城町)

内容

試験車両のデモ走行、協議会会員企業による概要説明 ほか

その他

詳細は、別添「概要説明資料」のとおり

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能な未来都市に関すること、環境モデル都市に関する啓発、アクションプランの推進・総合調整・推進体制の確立などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る