• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 税金 > 豊田税務署から確定申告のお知らせ


ここから本文です。

豊田税務署から確定申告のお知らせ

ページ番号1012582  更新日 2018年1月15日 印刷

申告相談会

持ち物(相談会場共通)

所得金額の分かるもの(源泉徴収票(原本)など)、各種控除証明書(原本)、筆記用具、電卓、印鑑(朱肉を使うもの)、マイナンバーカード(通知カード+運転免許証など)、申告者名義の預貯金口座番号の分かるもの(還付申告の場合)

豊田税務署の申告相談

とき

2月16日(金曜日)~3月15日(木曜日)午前9時~午後5時(午後4時受付終了)
(備考)土曜日・日曜日は開設していませんが、2月18日、25日の日曜日は開設します。

ところ

福祉センター4階

  • できる限り公共交通機関をご利用ください。
  • 昨年までに電子申告に係る利用者識別番号の交付を受けた人は、その通知書など利用者識別番号の分かるもの(以前申告相談会場を利用した人は、通知書などを入れた封筒をご確認ください)をお持ちください。
  • 上記期間中は、税務署内では申告書の作成指導は行っていませんので、ご了承ください。
  • 作成済申告書は、郵送などで税務署にご提出ください。
  • 会場の混雑状況により、受付を早めに終了する場合があります。

東海税理士会豊田支部主催説明会

とき

2月3日(土曜日)、4日(日曜日)

受付

公的年金等受給者説明会/午前9時~9時30分(先着100人)
医療費控除説明会/午後1時~1時30分(先着100人)

ところ

福祉センター4階

  • 医療費控除説明会に参加される人は、上記の持ち物のほか、医療費控除の明細書を国税庁ホームページなどから入手し、事前に作成した上でご来場ください。

各地区の無料税務相談所

問合せ

市民税課(電話番号:0565-34-6617)

とき

午前9時30分~正午、午後1時~4時(受付は午前9時~午後3時)

高橋コミュニティセンター
  • 税理士による無料相談 2月8日(木曜日)、2月9日(金曜日)
猿投コミュニティセンター
  • 税理士による無料相談 2月14日(水曜日)、2月15日(木曜日)
高岡コミュニティセンター
  • 税理士による無料相談 2日22月(木曜日)、2月23日(金曜日)
上郷コミュニティセンター
  • 税理士による無料相談 2月20日(火曜日)、2月21日(水曜日)
藤岡交流館
  • 税理士による無料相談 2月14日(水曜日)、2月15日(木曜日)、2月16日(金曜日)
足助支所
  • 税理士による無料相談 2月20日(火曜日)、2月21日(水曜日)
小原交流館
  • 税理士による無料相談 2日22月(木曜日)、2月23日(金曜日)
稲武支所
  • 税理士による無料相談 2月13日(火曜日)
  • 市職員による相談(午後3時まで) 2月14日(水曜日)
旭交流館別館
  • 市職員による相談 2月15日(木曜日)
  • 市職員による相談(午後3時まで) 2月16日(金曜日)
下山基幹集落センター
  • 市職員による相談 2月20日(火曜日)

 

  • 混雑の状況により、受付を早めに終了する場合があります。予約や電話での受付は行いません。
  • 無料税務相談所では確定申告書A様式(住宅借入金等特別控除を除く)と収支内訳書を作成してある人の確定申告書B様式のみ受け付けます。申告書の作成に時間を要する場合には、税務署の申告相談会場(福祉センター)を利用していただく場合があります。
  • 贈与税や相続税の申告、土地等や株式等の譲渡所得、山林所得と住宅借入金等特別控除の相談受付はできません。

申告書にはマイナンバーの記載が必要です

申告書には、マイナンバー(12桁)の記載と本人確認書類の提示か写しの添付が必要になります。(控除配偶者、扶養親族、事業専従者などの本人確認書類は不要です)
【本人確認書類の例】
例1 マイナンバーカード
例2 通知カード + 運転免許証、公的医療保険の被保険者証 など

マイナンバーカードの申請をお手伝いします

問合せ

市民課(電話番号:0565-34-6967)

とき

2月21日(水曜日)、22日(木曜日)、28日(水曜日)、3月1日(木曜日)、7日(水曜日)、8日(木曜日)午前9時~午後5時

ところ

福祉センター4階

対象

市内在住の人

内容

タブレット端末で顔写真を撮影し、マイナンバーカードのオンライン申請のお手伝いをします。マイナンバーカード交付申請書を持参ください。

納税・還付について

振替納税

安心で便利な振替納税をご利用ください

税目 納税の期限 口座振替日
(振替納税利用の場合)
申告所得税
復興特別所得税
3月15日(木曜日) 4月20日(金曜日)
消費税
地方消費税
4月2日(月曜日) 4月25日(水曜日)

上記「口座振替日」に引き落とします。

(備考)振替納税は、申告期限までに確定申告書を提出された 場合に限り利用できます
(備考)残高不足などにより振替日に口座振替ができない場合 は、延滞税が課される場合がありますので振替日の前 日までに口座の残高をご確認ください

還付される税金がある場合の受取方法

還付される税金がある場合には、確定申告書の「還付される税金の受取場所」欄に振込先金融機関名、支店名、預金種類、口座番号(ゆうちょ銀行は記号と番号)をご記入ください。振込先の預貯金口座の名義人は、申告者本人(屋号などのない氏名のみの口座)に限ります。

医療費控除は領収書が提出不要となりました

平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の提出が必要となりました。
(備考)医療費の領収書は5年間保存する必要があります。
(備考)医療保険者から交付を受けた医療費通知(健康保険組 合等が発行する「医療費のお知らせ」など)を添付すると、明細の記入を省略できます。
(備考)平成31年分までの確定申告については、医療費の領収 書の添付か提示によることもできます

市県民税の住宅借入金等特別税額控除 (市県民税住宅ローン控除)制度について

この制度の適用を受ける場合は、納税通知書が届く日までに税務署に申告書を提出する必要があります。

各支所での確定申告書の配布について

問合せ

市民税課(電話番号:0565-34-6617)

とき

2月5日(月曜日)から

配布書類

確定申告書(A・B)、手引き、医療費控除の明細書、納付書
(備考)部数に限りがあります。国税庁ホームページからもダウンロードできます

確定申告書はホームページでの作成が便利です

各会場とも混雑することが予想され、来場されても受付できない場合があります。申告に当たっては、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください。
ホームページ上で作成した確定申告書などは、印刷して郵送などで提出することができるほか、e-Taxを利用して提出することもできます。

問合せ

豊田税務署(電話番号:0565-35-7777)
(備考)自動音声案内です。確定申告に関する相談は税務署の電話番号にかけていただいた後、案内に従って【0】を選択してください

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る