• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 住まい・生活 > 田舎体験・田舎暮らしinとよた > 田舎体験・田舎暮らしinとよた


ここから本文です。

田舎体験・田舎暮らしinとよた

ページ番号1003664  更新日 2016年9月14日 印刷

豊田市は「クルマのまち」として有名ですが、市内には広大な森林をはじめ、豊かな自然が広がっています。また、それぞれの地域には、昔から営まれてきた山里の生活や文化が残されており、都市部にはない価値や魅力がいっぱいあります。
ここでは、そんな豊田市の豊かな自然や山里生活に気軽に触れ合えるイベントや農業体験・森林体験の情報、農山村地域での定住に向けた情報を掲載します。

写真:緑豊かな農山村の風景
緑豊かな農山村の風景

おいでん・さんそんセンター

都市と農山村がそれぞれの強みを活かし弱みを補い合うことで、新しい魅力や価値を生み出すために、都市と農山村の交流をコーディネートする「おいでん・さんそんセンター」を開所しました。
おいでん・さんそんセンターでは、農山村をフィールドとする企業の社会貢献活動、都市部の地域と農山村部の集落の交流等、都市と農山村の交流のお手伝いをします。

山里の魅力紹介 とよた山里暮らし通信員「おいでん・さんそんず」

写真:とよた山里暮らし通信員「おいでん・さんそんず」

とよた山里暮らし通信員「おいでん・さんそんず」は、田舎暮らしの魅力や農山村地域の素晴らしさを多くの皆様に伝えるため、地域や活動団体の推薦により豊田市から任命された農山村地域の市民レポーターです。農山村地域の暮らしの魅力や農山村地域の素晴らしさをブログやフェイスブックを通じて情報発信していきます。おいでん・さんそんずがつづる魅力的な農山村地域の情報をご覧ください。
「おいでん・さんそんず」に関する詳しい情報は下記ページをご覧ください。

山里の魅力発信映像「山里に暮らすということ」

都市部に暮らす方向けに、農山村の魅力を紹介する映像作品を制作しました。30歳前後の農山村へのU・Iターン者たちが自身の言葉で田舎暮らしの魅力を語ります。ぜひご覧ください。

豊田市里山暮らし体験館 すげの里

写真:すげの里
すげの里

「豊田市里山くらし体験館 すげの里」は、都市と農山村の交流や農山村地域への定住を進めることを目的とした里山での体験やふれあいの場です。農業体験や宿泊体験、また、交流、講座、研修などの会場としてお気軽にご利用ください。

農山村振興施策・活用事例集

画像:チャレンジガイド表紙
チャレンジガイド

農山村振興を図るために市が取り組む特徴的な事業や支援制度、農山村地域の先進的な活動事例などを項目別に分類・整理し、分かりやすくまとめた冊子として「農山村振興施策・活動事例集チャレンジガイド」を作成しております。
利用者と目的に応じて、(1)農山村地域住民向け、(2)都市地域住民向け、(3)農山村地域の集落運営者向け、の情報を集約した3種類のチャレンジガイドを発行しましたので、ぜひご活用ください。

あいちの山里で暮らそう80日間チャレンジ

「あいちの山里でくらそう80日間チャレンジ」(愛知県事業)は、山里に住みながら、その魅力をフェイスブックなどでPRする事業です。
豊田市には小林久美子さんが着任され、平成24年の8月26日から12月25日まで活動されました。
特設サイト「ルーガ・リーモ通信」には、「三河の山里映像アーカイブ」として、80日間の活動を通じて小林さんが関わった方々の映像が収められています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 企画課
業務内容:総合計画、推進計画、政策評価、農山村振興、市政の基本施策の調査研究などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6602 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る