• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 消防 > 防火活動 > お宅の住宅用火災警報器はそろそろ交換時期ではありませんか? 10年が交換の目安です


ここから本文です。

お宅の住宅用火災警報器はそろそろ交換時期ではありませんか? 10年が交換の目安です

ページ番号1019199  更新日 2017年5月15日 印刷

住宅用火災警報器(以下「住警器」という)は、住宅火災による死者を減らすため、平成18年から一般の戸建住宅などへの設置が義務付けられました。住警器は、機器が古くなると電子部品の寿命や電池切れなど、火災を感知しなくなることがありとても危険です。設置義務化から10年が過ぎた今、住警器が適正に作動するか確認をしてみましょう。

イラスト 住宅用火災警報器キャラクター
住宅用火災警報器
キャラクター
モクモクピートくん

イラスト 交換啓発キャラクター
住宅用火災警報器の
交換啓発キャラクター
とりカエル

まずは、作動確認をしてみましょう

本体の押ボタンか引きひもで住警器の作動確認をします。正常な場合は正常をお知らせするメッセージか警報音が鳴ります。作動確認は月1回行いましょう。

設置時期を調べるには?

住警器を設置した時に記入した「設置年月日」、または、本体に記載されている「製造年」を確認してください。

万が一のために住警器が鳴ったときの 正しい対処法を知っておきましょう

火災の場合

警報音が鳴り、火災を見つけたら次のような対処をしましょう。

  • 大声で知らせる
  • 避難する
  • 119番通報する
  • 可能であれば初期消火

火災でない場合

警報音停止ボタンを押すか、室内の換気をすると警報音が止まります。

  • ほこり・ちり・スプレーなどに注意

機器異常の場合

住警器が「ピッピッピッ」と一定の間隔で鳴る場合は、機器の異常です。
新しい住警器に交換してください。

電池切れの場合

住警器が「ピッ」と一定間隔で鳴る場合は、電池切れです。電池を交換してください。

住警器啓発グッズ 消防本部オリジナルエコバッグ販売中です

写真 エコバッグ見本

  • Mサイズ 700円
  • Sサイズ 600円

販売場所:防災学習センター受付

10年たったら取りかえよう

一般社団法人日本火災報知器工業会「とりカエル通信」から抜粋

イラスト 「とりカエル通信」から抜粋

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 予防課
業務内容:火災予防の啓発、建築確認申請の同意、危険物施設・防火対象物の検査に関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9704 ファクス番号:0565-35-9719
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る