• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > ごみ > ごみ処理にかかる費用


ここから本文です。

ごみ処理にかかる費用

ページ番号1013235  更新日 2016年3月2日 印刷

豊田市では、環境省が策定した「一般廃棄物会計基準」に基づき、ごみ処理にかかっている費用を算出しています。

平成26年度のごみ処理経費について、豊田市のごみの分別種類ごとに費用を取りまとめましたので、お知らせします。

ごみ処理費用と収益

円グラフ ごみ処理にかかる費用 市民一人あたり年間約13,480円 中間処理(焼却等)6,070円、収集4,530円、資源化1,340円、埋立870円、その他670円 平成26年度の市民一人あたりが負担するごみ処理にかかる費用は、約13,480円でした。市民全体では、総額約57億円です。これは、一般会計の3.4%です。(事業ごみを含む)

円グラフ ごみ処理過程における収益 市民一人あたり年間約2,880円 渡刈クリーンセンターでの売電1,140円、処理施設利用時の手数料900円、飲料缶・ガラスびん・ペットボトル等の売払い490円、他市からの受託収入200円、その他150円 平成26年度の市民一人あたりのごみ処理過程における収益は、約2,880円でした。市民全体では、総額約12億円です。この収益は、ごみ処理にかかる費用に充ててます。(事業ごみを含む)

廃棄物種類ごとの作業部門別原価・費用等

経年変化

ごみ処理にかかる費用(市民一人あたり年間)

 

平成25年度

平成26年度

収集

4,340円

4,530円

中間処理(焼却等)

6,580円

6,070円

埋立

860円

870円

資源化

1,340円

1,340円

その他

660円

670円

合計

13,780円

13,480円

ごみ処理過程における収益(市民一人あたり年間)

 

平成25年度

平成26年度

渡刈クリーンセンターでの売電

1,040円

1,140円

処理施設利用時の手数料

880円

900円

飲料缶・ガラスびん・ペットボトル等の売払い

400円

490円

他市からの受託収入

170円

200円

その他

50円

150円

合計

2,540円

2,880円

作業部門ごとに示す原価計算結果(1キログラムあたり)

 

平成25年度

平成26年度

収集運搬部門

19.62円

20.82円

中間処理部門

25.20円

23.02円

最終処分部門

36.85円

34.71円

資源化部門

41.81円

40.80円

作業部門の定義

一般廃棄物会計基準では、部門を以下のとおり定義しています。

作業部門

収集運搬部門

  • 一般廃棄物をごみステーション等から中間処理施設・資源化施設等まで収集し、運搬することを担う部門

中間処理部門

  • 焼却(溶融・スラグ化を含む。発電・熱利用を含む。)、有害ごみ及び危険ごみの処理等を担う部門
  • 中間処理業務に加え、中間処理後の一般廃棄物を最終処分場まで運搬する業務、及び中間処理後の資源物を資源回収業者に引き渡すまでの業務を担う部門

最終処分部門

  • 埋めるごみ、焼却残さ、処理残さの埋立処分を担う部門

資源化部門

  • 廃棄物を再生利用するために必要な選別、圧縮及び梱包や堆肥化等を担う部門
  • 処理工程との一体性から焼却処理に伴う焼却残さのスラグ化等再生利用や、廃棄物発電は資源化部門ではなく中間処理部門
  • 資源化業務に加え、資源化後の一般廃棄物を最終処分場まで運搬する業務、及び資源化後の資源物を資源回収業者に引き渡すまでの業務を担う部門

指定ごみ袋1袋あたりのごみ処理にかかる費用

「燃やすごみ」では、1袋あたり約140円(注釈)かかっています。
なお、皆様にご購入いただいている指定ごみ袋には、ごみ処理費用は含まれておらず、ごみ袋自体の製作費用となっております。
(注釈)1袋4キログラムで算出。直接持ち込みごみや事業系ごみの処理費用も含む。

他自治体との比較

ごみ処理の工程別費用(1キログラムあたり)
 

収集運搬部門

中間処理部門

最終処分部門

資源化部門

豊田市

21円

23円

35円

41円

類似4自治体

18~22円

13~29円

32~36円

18~79円

一般廃棄物会計基準に基づいて、ごみ処理の費用を算定している自治体と比較すると、豊田市は、処理部門全体として平均的な数値を示していますが、特徴として以下の点が挙げられます。
収集運搬部門
豊田市は広大な市域面積を有していますが、効率的な収集と市民の皆様のご協力により、費用が低く抑えられています。
資源化部門
豊田市では、多くの資源化施設を運営していますが、市民の皆様が積極的にリサイクルに取り組んでいただいていることにより、費用が低く抑えられています。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 ごみ減量推進課
業務内容:一般廃棄物の処理計画・処理施設整備、ごみの減量及び資源化に関すること
〒470-1202 
愛知県豊田市渡刈町大明神39-3(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-71-3001 ファクス番号:0565-71-3000
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る