• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 学校・教育 > 奨学金・補助 > 就学援助制度について


ここから本文です。

就学援助制度について

ページ番号1002727  更新日 2016年7月28日 印刷

経済的理由によって就学困難な児童生徒の保護者への援助制度について掲載しています。

この制度は、小学校1年生から中学校3年生までのお子さんをお持ちの保護者の方で経済的な理由で学校へ通学させるのにお困りの方に学用品代、学校給食などを援助し、円滑に教育を受けていただくためのものです。この制度を受けることをご希望の方は、学校に備えてある「就学援助申請書」に必要事項を記入し、必要書類を添えて、お子さんが通学している学校へ提出してください。

援助を受けることができる方

  1. 生活保護を受けている方
  2. 生活保護が停止又は廃止された方
  3. 経済的にお困りの方(同居家族全員の所得の合計が豊田市の定める基準以内の家庭)

(注意)最近、豊田市に転入した方は転入前の住所地が発行する所得証明書が必要になる場合があります。

所得の目安

2人世帯
所得:2,083,000円
3人世帯
所得:2,750,000円
4人世帯
所得:3,366,000円
5人世帯
所得:3,735,000円
6人世帯
所得:4,301,000円
7人世帯
所得:4,878,000円

(注意)

  • 上記は、世帯の家族構成、年齢によって異なります。
  • 所得は目安であり、資産や家庭状況等によっては認定されない場合があります。

援助対象費

  1. 学用品費
  2. 通学用品費
  3. 校外活動費
  4. 新入学児童生徒学用品費
  5. 修学旅行費
  6. 自然教室費
  7. 通学費
  8. 学校給食費
  9. 医療費(う歯、寄生虫病などの特定の疾病)

(注意)生活保護を受けている方は修学旅行費、自然教室費及び医療費のみ

援助の額

  • 修学旅行費、自然教室費、学校給食費、医療費、通学費…実費または現物が支給されます。
  • 上記以外の費用…国から示された額を限度とします。

(注意)放課後児童健全育成事業参加費負担金が免除の対象なります。詳しくは次世代育成課でおたずねください。

申請期間

いつでも申請できますが、新入学用品費は新一年生で年度当初に認定した場合のみですので、早めに申請してください。

支給方法

学校を通じて、口座振込で保護者へ支給します。ただし、特別な事情のある場合は現金で支給します。

結果のお知らせ

認定結果については、学校長を通じてお知らせします。

その他

必要に応じて担当地区民生児童委員の方に家庭状況調査を依頼する場合がありますので調査等にご協力ください。ご協力いただけない場合は認定できない場合があります。また、就学援助が認定された場合、担当地区民生委員の方に情報提供をすると共に家庭訪問のお願いをします。

豊田市就学援助費事務取扱要綱

外国語のご案内

外国語(英語・スペイン語・ポルトガル語・中国語・タガログ語)のご案内は下からダウンロードできます。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会学校教育部 学校教育課
業務内容:学齢児童・生徒の就学、通学路、教科書の配布、学校の組織編成・諸行事・教育指導・教職員などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6661 ファクス番号:0565-31-9145
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る