• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 観光 > 歴史 > 歌舞伎伝承館オープン とよたの歌舞伎を体感しよう


ここから本文です。

歌舞伎伝承館オープン とよたの歌舞伎を体感しよう

ページ番号1018165  更新日 2017年3月15日 印刷

約200年以上前から市内に根付き、人々に親しまれてきた歌舞伎。今も行われている地域の歌舞伎を支え、その魅力を伝えるため4月1日(土曜日)に歌舞伎伝承館がオープンします。

江戸時代の住民が熱狂した文化

演じる人も見物する人も、地元の村人であった農村歌舞伎は、江戸時代中頃から、市の山間部を中心に盛んに行われてきました。こうした地域には、歌舞伎などを演じるために作られた舞台が80か所以上残っており、同一市内に残る数としては全国随一です。とよたの歌舞伎は、地域に深く根付き、人々が夢中になってきた文化遺産です。

地域の文化遺産を伝え、育てる

現在市内では、歌舞伎の楽しさを伝え未来へつなげようと、小原歌舞伎保存会(市指定無形民俗文化財)、旭歌舞伎保存会、石野歌舞伎保存会、藤岡歌舞伎が、毎年活発に公演を行っています。
歌舞伎伝承館は、こうしたとよたの歌舞伎を育て、その魅力と価値を広く発信していくための施設となります。この施設は、生きた歌舞伎の姿を伝えることを目指しており、歌舞伎の練習見学や体験活動などができます。
皆さんも実際に歌舞伎に触れ、とよたの歴史的魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

モノクロ写真 舞台の上で歌舞伎を演じる人たち
昭和22年八柱神社舞台(小原地区)

カラー写真 舞台の上で歌舞伎を演じる様子
平成22年石野歌舞伎


写真 神社にある舞台
岩倉神社舞台

写真 歌舞伎用の衣装
大正・昭和に使用された衣装


施設の概要

内容
豊田市の歌舞伎文化に関する展示(常時)
小原地区の歴史に関する展示(常時)
歌舞伎の練習見学・歌舞伎の体験(開催時のみ)
場所
永太郎町落681-1(小原交流館内)
開館時間
午前9時~午後5時 月曜日と年末年始は休館
入館料
無料

今後の開催イベント

開館式典・説明

  • とき:4月1日(土曜日)午前9時30分から
  • 申込み:当日直接会場
  • 問合せ:文化財課

開館記念特別講座「地芝居の楽しみ」

  • とき:4月15日(土曜日)午後2時~3時30分
  • 定員:先着24人
  • 講師:安田文吉氏
  • 申込み:3月21日(火曜日)午前9時30分から電話で小原交流館(電話番号:0565-65-3711)
  • 問合せ:文化振興財団(電話番号:0565-31-8804)

農村歌舞伎合同五月公演特別講座「公演のみどころ」

  • とき:5月13日(土曜日)午後2時~3時30分
  • 定員:先着24人
  • 講師:安田文吉氏
  • 申込み:3月21日(火曜日)午前9時30分から電話で小原交流館
  • 問合せ:文化振興財団

歌舞伎伝承館開館記念農村歌舞伎合同五月公演

  • とき:5月28日(日曜日)午前10時30分から
  • 演目:小原歌舞伎保存会「吉例寿曽我」 旭歌舞伎保存会「神霊矢口渡」 石野歌舞伎保存会「白浪五人男」 藤岡歌舞伎「鎌倉三代記」
  • 申込み:当日直接会場
  • 問合せ:文化財課

写真 舞台の上で歌舞伎を演じる市民の様子
平成27年小原歌舞伎五月講演

写真 台本を見ながら練習する子どもたち
練習の様子(萩野小学校)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会教育行政部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館、民芸館の運営に関すること
〒471-0079 
愛知県豊田市陣中町1-21(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-32-6561 ファクス番号:0565-34-0095
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る