• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > イベント情報 > 知識教養 > 母子保健推進員・おめでとう訪問員養成講座


ここから本文です。

母子保健推進員・おめでとう訪問員養成講座

ページ番号1024356  更新日 2018年5月1日 印刷

イベントカテゴリ: 知識教養

子育てを応援する母推さんに興味のある人必見!あなたも今日から子育てサポーター

とき/内容
とき 内容
6月18日(月曜日) 母子保健推進員の活動
7月17日(火曜日) 子どもの身体発達と病気のみかた
8月20日(月曜日) 子どもの精神発達と親子関係
9月3日(月曜日) 子どもの栄養、絵本の読み聞かせ
10月22日(月曜日) 遊びの実践、実習活動
11月5日(月曜日) おめでとう訪問の概要、コミュニケーション技法など
11月26日(月曜日) おめでとう訪問におけるロールプレイなど
12月17日(月曜日) 発達障がいのある子どもへの支援
2019年1月28日(月曜日) 虐待予防支援について
2019年2月4日(月曜日) 子育て支援サービス紹介、先輩訪問員との情報交換など
2019年2月25日(月曜日) 今後の母子保健推進員の活動、母子保健推進員養成講座修了証授与
2019年3月4日(月曜日) おめでとう訪問員研修、おめでとう訪問員修了証兼身分証明書授与

(備考)いずれも午後2時~4時(最終回は午後1時30分~3時30分)

開催日

2018年6月18日(月曜日) 、7月17日(火曜日) 、8月20日(月曜日) 、9月3日(月曜日) 、10月22日(月曜日) 、11月5日(月曜日) 、11月26日(月曜日) 、12月17日(月曜日)
2019年1月28日(月曜日) 、2月4日(月曜日) 、2月25日(月曜日) 、3月4日(月曜日)

開催場所

保健センター
中央保健センター

申込み締め切り日

2018年6月15日(金曜日)

申込みは終了しました。

申込み

必要

6月15日(金曜日)までに直接子ども家庭課(備考)簡易な面接有り

対象
全回受講でき、母子保健推進員・おめでとう訪問員として活動できる市内在住の人
定員
選考50人
そのほか
母推活動実習(9月~11月に2回)とおめでとう訪問実習(12月~2019年2月3日に1回)有り

子育てに寄り添う母推さん

黄色いエプロンを着て、子育てをするパパママを見守る母推さん。気軽に話せる身近な存在として活躍する母推さん活動を紹介します。

トレードマークは黄色いエプロン

乳児と親を対象とした講座「ベビークラス」には、黄色いエプロンを着た母子保健推進員(母推さん)がサポート役として参加しています。会場入り口では、「こんにちは。お母さんが受付する間、赤ちゃんを抱っこしましょうか」と母推さんが笑顔で迎えます。
生後数か月の子を対象とするこの講座。会場に着いたとたんに、ぐずり始める子もいてお母さんは大変です。母推さんは新米お母さんに子どもの抱き方を伝えたり、泣く子をあやしたりして、親子が安心して講座に参加できるようサポートしています。

豊田市の子育てを支える

豊田市で生まれる赤ちゃんは1日平均約10.4人、1年間で約3,800人。「おめでとう訪問」は、母推さんが2人1組で出生のあった家庭一軒一軒に足を運び、お母さんたちの不安を解消する取組です。
「おめでとう訪問は一番のやりがい。はじめは硬い表情で玄関口に出てくれるお母さんが、話を聞いていくうちに笑顔になり、最後はありがとうと見送ってくれると、とてもうれしいです」。そう話してくれる会長の田中さん。中には、「出産後初めて家族以外の人と話した」と言うお母さんや、話を聞くうちに涙を流すお母さんもいるそうです。
豊田市は市外からの転入者が多いのが特徴。頼る人もないお母さんも少なくありません。そんな人にとっても母推さんは身近な存在となっています。

母推さんだからこそ話せる

「気軽に何でも話してもらえるようになりたい」。家族ではなく、専門職とも違うボランティアという立場でお母さんたちと接することができるところは母推さんならでは。誰もが第三者として気軽に話せる特別な存在です。「最近はインターネットで子育ての知識が簡単に手に入る一方、赤ちゃんは一人一人個性があるので、知識だけでは難しいこともある」と話す田中さん。インターネットの知識だけでは不安に感じるお母さんが母推さんの生の声を聞くことで安心する場合も多いそうです。

楽しさが原動力

「私は活動を始めて13年目ですが、赤ちゃんと触れ合うのが楽しいので長く続けたい」。会員は設立当時から大幅に増え、現在でも積極的に会員を募集しています。毎年、研修会などを開いてスキルアップにも努めています。「多くの人と接することが自分自身の成長につながる」と話します。
お母さん一人一人と向き合う活動を続けてきた母推さん。すっかり黄色いエプロンも定着し、いてくれるだけで安心する存在に。今後もますます元気に活動を続けます。

ベビークラス参加者の声

子どもを連れての初めての外出で緊張しましたが、会場に入る時から母推さんにサポートしてもらえて安心できました。これまで不安に思っていたことについて、参考になるアドバイスが聞けてよかったです。

赤ちゃんの計測をする母推さん
講座が始まる前の計測補助

抱き方を教える母推さん
赤ちゃんが安心する抱き方

絵本の読み聞かせをする母推さん
読み聞かせのコツを伝える

おもちゃの説明をする母推さん
手作りおもちゃの紹介

車座で集まるママたち
グループワークで情報交換

子どもを出生した家庭を訪問する母推さん
おめでとう訪問を全世帯に


ボランティア団体である母子保健推進員の会員として活動をする母推さんは現在206人。今年で活動18年目です。乳幼児健康診査や各種講座において、親子が安心して参加できるようサポートしたり、子どもを出生した家庭を訪問するおめでとう訪問(注釈)をしたりするなど、多岐にわたる活動をしています
(注釈:おめでとう訪問は市からの委託事業)。

母推さん募集中! 母推さんとして活動してみませんか

母推さんとして活動するには、「母子保健推進員養成講座」の受講が必要です。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

子ども部 子ども家庭課
業務内容:児童・母子・父子家庭などの福祉給付、児童委員、乳幼児健康診査、母子保健事業 などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6636 ファクス番号:0565-32-2098
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る